工場派遣

製造業やめとけ?性格悪い人ばかり・楽すぎと言われる実態とは

こんな方におすすめ

  • やめとけと言われる理由が知りたい
  • 性格悪い人ばかりの実態が気になる
  • 楽すぎなのか知りたい

たしかに、ネット上にさまざまな意見があり不安になりますよね。

結論、製造業は楽な職場が多いですし、性格悪い人ばかりではありません。

ただし、人によっては製造業はおすすめではないので注意してください。

「製造業やめとけ」の実態をキャリアコンサルタントが解説します
なべけん
なべけん

【製造業やめとけ・楽すぎ】やめた方がいいデメリット

デメリット

  • やりがいが感じられない
  • 体力的にきつい
  • 不具合を出すと問題になる
  • 怪我をする
  • 3Kのイメージが強い
  • 人間関係が悪い
  • 環境が悪い

やりがいが感じられない

製造業はルーチンワークが多いため、やりがいを感じづらいというデメリットがあります。

ルーチンワークで、誰がやっても同じ結果になるため、達成感も感じづらい特徴があります。

体力的にきつい

製造業は体力を必要とする作業が多く、長時間の立ち仕事や重い物の持ち運びなどにより体力的な負担が大きいです。

軽作業と言われる仕事でも、1日中立ちっぱなしであったり、移動し続けたりするため体力が必要になります。

不具合を出すと問題になる

製造業では、生産ラインの一部として働くため、ミスや不具合を出すと大きな問題になります。

製品の品質に影響を及ぼす可能性があり、その責任感は大きなストレスとなることもあるのです。

たとえば、自動車製造業では、生産ライン上でのミス一つでリコールが発生し、大きな損害を被る事例も報告されています。

怪我をする

製造業は重い機械や器具を扱うことが多いため、怪我をするリスクが高いです。

製造業は他の業種に比べて労働災害の発生率が高いと言われています。

特に重労働が求められる職場では、体調を崩したり慢性的な疲労に悩まされたりする可能性もあります。

たとえば、大型機械の操作ミスからくる事故や、体調不良による作業ミスが怪我につながるケースも多いです。

3Kのイメージが強い

製造業は「3K(きつい、汚い、危険)」のイメージが強く、志望する人が少ない特徴があります。

製造業でも働きやすい環境が整備されつつありますが、労働環境の改善が十分でない場所も多いので注意が必要です。

人間関係が悪い

製造業は、強い上下関係や体育会系の風土が根強いところもあります。

これはストレスを感じやすい環境であり、人間関係のトラブルにつながりやすいです。

そのため、転職先を選ぶ際には、事前の情報収集や面接での会社の雰囲気をよく見ることが重要です。

昇級しづらい

製造業は長年勤める人が多く、人材の入れ替わりが少ないです。

そのため、昇級するポジションが用意されづらく、同じポジションで働き続ける人が多い特徴があります。

【製造業やめとけ・楽すぎ】メリット

メリット

  • 未経験から働ける
  • 社外との関わりがない
  • 残業が少ない

未経験から働ける

製造業は未経験から働けるのが大きなメリットです。

多くの製造業では、一からの技術習得が求められ、オンザジョブトレーニング(OJT)が整備されています。

たとえば、自動車や家電の組み立てラインでは、実際の作業前に十分なトレーニングが提供されるため、安心してスキルを身につけることができます。

他にもシール貼りなどは、製造ライン作業でおこなわれる簡単な仕事です。

シール貼りについて詳しく知りたい人は【シール貼りのバイトは危ない実態】をチェックしましょう。

社外との関わりがない

製造業の職場は一般的に社外との関わりが少ないです。

そのため、コミュニケーションが苦手な人にとってはストレスフリーな環境と言えます。

残業が少ない

製造業では、製造ラインの効率性と生産性を重視しているため、一般的に残業が少ないとされています。

たとえば、自動車製造業ではシフト制度が採用されており、業務終了時間が明確に定められています。

これにより、プライベート時間を確保しやすく、ワークライフバランスを重視する方にとって魅力的な職場となっています。

【製造業やめとけ・楽すぎ】向いていない人の特徴

向いていない人の特徴

  • 人との関わるがニガテ
  • スキルアップしたい

人との関わるがニガテ

製造業が向いてない人の特徴の一つは、人との関わりが苦手なことです。

製造業の多くはチームでの作業が必須で、コミュニケーションが円滑に取れないと生産性が落ちてしまいます。

たとえば、ある職場では作業の手順や安全確保のためのルールを頻繁に共有しなければならなかったりします。

そういった人間関係のストレスを感じやすい人は、製造業は不向きかもしれません。

スキルアップしたい

製造業が向いてない特徴のもう一つは、自身のスキルアップを望んでいることです。

製造業は基本的にはルーティンワークが中心で、スキルアップの機会が少ない職場が多いです。

特に最近では、AIやロボットによる自動化が進み、作業者が行う作業が単純化しています。

これにより、スキルアップの機会がさらに減る可能性があります。

そのため、新たなスキルを学びたいと思っている人にとっては、製造業は満足のいく職場ではないかもしれません。

【製造業やめとけ・楽すぎ】向いている人の特徴

向いている人の特徴

  • 単純作業が好き
  • 体力に自信がある
  • 夜勤でも苦にならない

単純作業が好き

製造業に向いている人の一つの特徴は、単純作業が好きであることです。

製造業の現場では、同じ作業の繰り返しが多いため、その繰り返しを苦に思わない人が適しています。

単純作業が好きな人は、一つの作業に没頭し、細部にまで注意を払う能力があるため、製品の品質維持に貢献します。

体力に自信がある

製造業は物理的な作業が多いため、体力に自信がある人が適しています。

立ち仕事や重い荷物の運搬など、体力を必要とする業務が多いためです。

一日中立ちっぱなしで部品を取り扱うこともあるので、健康状態や体力に自信がある人がより良いパフォーマンスを発揮できます。

夜勤でも苦にならない

製造業は24時間体制で運営されることが多いため、夜勤でも苦にならない人が向いています。

夜間作業に対応できる柔軟性と体力は、製造業における重要な要素です。

【製造業やめとけ・楽すぎ】他のおすすめの仕事

製造業以外のおすすめの仕事

  • 事務職
  • クリエイティブ職
  • エンジニア職

事務職

事務職であれば、20代・30代は未経験求人が多くチャレンジしやすいです。

パソコンスキルを磨けば、将来的にクリエイティブ職やエンジニア職にもチャレンジできますよ。

すると、年収アップも目指せるので、将来的に年収を上げたい人はおすすめです。

クリエイティブ職

クリエイティブ職とは、WebデザイナーやWebライター、動画編集などの仕事です。

これらの仕事はスクールに通って実績を作ると、未経験であっても転職することができます。

また、転職できるだけでなく、フリーランスとして働くこともできますよ。

そのため、年収アップだけでなく時間や場所に縛られずに働きたい人はおすすめです。

エンジニア職

エンジニアは20代であれば未経験OKの求人も多くチャレンジすることができます。

また、30代であってもプログラミングスクールを活用することで実績を積み転職をすることができます。

エンジニアは需要が高いため年収が高く、最短3ヶ月ほどのスクール学習で年収アップが目指せるのです。

さらに、定年後にもフリーランスとして働ける可能性が高く、体力が心配な人であっても安心して働けますよ。

【製造業やめとけ・楽すぎ】まとめ

まとめ

  • 製造業は3Kのイメージが残っている
  • スキルアップしたい人には不向き
  • 単純作業がすくな人にはおすすめ
  • この記事を書いた人
なべけん

なべけん

【キャリアコンサルタント】新卒でスタッフサービスへ入社し、人材コーディネーターを担当。1,231名以上の就業機会を創出し、就業決定数・生産性ユニット年間MVPを受賞。現在はフリーランス独立し、112名以上のキャリア支援実績あり。【資格】国家資格キャリアコンサルタント(登録番号19005362)

-工場派遣