工場派遣

ライン作業ついていけない・きつい?向いてない人の特徴とは

こんな方におすすめ

  • きつい実態が知りたい
  • ついていけないのではと不安

ライン作業はラクなイメージがありますが、きつい評判を見ると不安になりますよね。

結論、流れ作業で仕事ができるので、ラクに感じる人が多いですよ。

ただし、人によってはきついと感じたり、ついていけないこともあり注意が必要です。

あなたが向いているか確かめて仕事に応募しましょう。

ライン作業はきついという実態をキャリアコンサルタントが解説します
なべけん
なべけん

【ライン作業ついていけない・きつい】仕事内容とは

ライン作業の仕事内容

  • 組み立て
  • 加工
  • 機械オペレーション
  • 検査・検品
  • 梱包
  • 仕分け

組み立て

ライン作業は、一連の製品パーツを合わせて完成品をつくります。

電子機器の製造ラインでは、精密部品の取り扱いが必要であり、そのミスは製品の不良を招く可能性があり重要な作業ですよ。

加工

加工とは、原材料や部品を一定の形状や大きさに変形させる作業のことを指します。

金属製品の製造ラインなどでは、材料を切断したり、曲げたり、溶接したりといった種類の加工が行われます。

これらの作業は体力を必要とすることが多く、一定の疲労が伴うことが理解されています。

機械オペレーション

ライン作業には機械の操作も不可欠で、製造のスムーズにおこなうために重要な役割です。

たとえば、製造ライン上で材料を一定の位置に運ぶためのクレーン操作や、特定の部品の製造を行うマシンの設定等ですね。

機械の操作は専門的なスキルと知識を必要としますが、長時間の作業はストレスや疲労を生じさせる可能性があります。

検査・検品

ライン作業には多くの種類がありますが、その中でも「検査・検品」は頻繁に行われるタスクの一つです。

製造された商品が規定の品質基準に準拠しているかを確認する作業で、目の疲れや連続した作業による肉体的なストレスが発生しやすいです。

梱包

「梱包」もライン作業の一部で、製品を適切な箱や包装材に詰めて出荷準備をおこなう作業です。

この作業は手間がかかり、納期に間に合わせることが求められます。

しかし、梱包作業は商品の品質を保持し、お客さまに届けるためには欠かせない作業です。

重量物の取り扱いがあるときは、適切なリフトや機械を使用して体への負担を軽減させることも重要です。

仕分け

「仕分け」作業は、商品を特定のカテゴリーや基準に基づいて分類する作業です。

製品の特性や顧客の要望に応じて正確に分類することが求められます。

仕分け作業は精密さと集中力を要し、また一定の速度を保つことが必要となります。

【ライン作業ついていけない・きつい】デメリット

デメリット

  • スピードが早く間に合わない
  • 精神的な圧迫感がある
  • 流れる商品を見て酔ってしまう
  • スキルアップができない
  • 体力的にきつい

スピードが早く間に合わない

ライン作業は速度が早く、一定のリズムで作業を進めることが求められます。

はじめての人やリズム感が必要な作業になじみのない人にとっては、作業のスピードについていくのが難しい場合があります。

そのため、スピード感が求められる仕事が嫌な人はおすすめではありません。

精神的な圧迫感がある

ライン作業は、一定の速度と精度を保つためには集中力と持続力が必要です。

しかし、これは長時間にわたる同一の作業を繰り返すという特性上、精神的なストレスを感じやすい環境を作り出します。

ミスが許されない作業に抵抗がある人はライン作業の仕事は向いていない可能性が高いです。

流れる商品を見て酔ってしまう

ライン作業は、製品が一定の速度で流れてきます。

長時間それを見続けると目が疲れ、頭が痛くなったり酔ったりしまうことがあります。

眼精疲労や動体視力の問題から来るもので、一部の人々はこれに対する耐性が低いかもしれません。

スキルアップができない

ライン作業は、同じ作業を繰り返し行うことがほとんどです。

個々の作業スキルが向上することはあっても、全体的なスキルセットやキャリアパスが成長するという点では、限定的である可能性があります。

キャリアアップを望む人にとっては大きなデメリットとなってしまいます。

体力的にきつい

ライン作業は体力的にもきつい作業です。

立ち仕事が多いため足腰に負担がかかり、長時間の作業は疲労を増加させます。

休憩時間が限られているときもあり、十分に休めないこともあります。

また、重い物を頻繁に持ち上げるなど、力が必要な作業もあります。

これらの要素が組み合わさると体力的な疲労は急速に増加し、長期的には健康に影響を与える可能性があります。

製造業の将来性が気になる人は【製造業やめとけと言われる実態】もあわせてチェックしてください。

【ライン作業ついていけない・きつい】メリット

メリット

  • 未経験・スキルなしでも働ける
  • ニートでも就職できる

未経験・スキルなしでも働ける

ライン作業は未経験でも、特別なスキルがなくても始められる仕事です。

一般的には、初日から周囲の先輩たちから直接指導を受けながら、作業手順や安全確認のポイントを学ぶことができます。

たとえば、自動車部品の組み立てラインなどでは、製品ごとの専用の工具の使い方から学ぶことができ、徐々にスキルを身につけられます。

未経験でもスキルがなくてもOKな職場をお探しの方は、ぜひライン作業を検討してみてください。

ニートでも就職できる

ライン作業は求人数が多く就労のハードルが低いため、ニートの方でも就職が可能です。

経歴に自信がなく働きたい人は、ライン作業から働く経験を積むのはおすすめ選択です。

【ライン作業ついていけない・きつい】向いてない人の特徴

向いていない人の特徴

  • コミュニケーションを取りたい
  • 変化がある仕事がしたい
  • スキルアップがしたい

コミュニケーションを取りたい

ライン作業はきつく感じることがあり、特にコミュニケーションを重視する人にとっては向いていないかもしれません。

ライン作業はほとんどが個別のタスクに集中し、人とのコミュニケーションが少ないからです。

業務の効率を重視するため、人間関係やチーム間の交流に時間を割くことはあまりありません。

人との交流や顧客との対話を求めているなら、ライン作業は向いていない可能性が高いです。

変化がある仕事がしたい

ライン作業は一貫性と反復性が求められる仕事です。

作業内容に大きな変化が少ないため、常に新しいチャレンジや変化を求める人にとってはきつく感じるかもしれません。

デザイナーや営業、エンジニアなどに興味がある人には、ライン作業はあまり向いていないでしょう。

スキルアップがしたい

ライン作業では一つの特定のタスクを繰り返し行うため、新たなスキルを学ぶハードルが高いです。

仕事の多様性や学習の機会が少ないため、キャリア成長やスキルセットの拡大を求める人には不向きと言えます。

たとえば、エンジニアリングやビジネス戦略など幅広いスキルを習得したいと考える人には、ライン作業は向いていない可能性があります。

【ライン作業ついていけない・きつい】向いてる人の特徴

向いている人の特徴

  • 単純作業が好き
  • 集中力がある
  • 黙々と取り組むことが好き

単純作業が好き

ライン作業が向いている人の一つの特徴は、単純作業が好きなことです。

ライン作業は同じ作業を繰り返すため、繰り返しの作業がストレスにならず、むしろそれを好む人が向いています。

例えば、同じスクリューを同じ位置に繰り返し取り付ける作業を、達成感や充実感を感じて楽しむことができる人が向いています。

集中力がある

ライン作業には、長時間、一定の集中力を維持する能力が必要です。

長時間同じ作業を続けることで、作業効率が上がりミスを防ぐことができます。

黙々と取り組むことが好き

ライン作業は、同じ作業を黙々と続けることが求められます。

そのため、自己成就感を得るためには、自分自身の世界に没頭できる能力が必要です。

一つ一つの作業に対する小さな成功体験を積み上げていくことが、大きな満足感につながりますよね。

また、それが高い労働生産性に繋がるという考え方を持つ人が、ライン作業に向いていると言えます。

【ライン作業ついていけない・きつい】まとめ

まとめ

  • ライン作業はニートでも就職できる
  • 単純作業が好きな人は向いている
  • キャリアアップしたい人には向いていない

-工場派遣