おすすめ派遣会社ランキング

ダメな最悪な派遣会社ランキングワーストの4つの共通点は?

こんなことが分かる

  • ランキングでワーストに入る派遣会社の特徴とは?
  • ワーストの特徴があるか確認する方法は?
  • コーディネーターが他社を評価するポイントは?

「派遣会社の選び方で失敗したくない」そう思ったことはありませんか。

たしかに派遣会社選びを間違えると、フォローが受けられず安心して働くことができません。

長期で働けないと、短い職歴は転職にも影響してしまいます。さらにワーストランキングに入るような派遣会社ではトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

安心して長期間働くためには、ワーストランキングに入る特徴を知って自分で判断することが重要になるのです。

ランキングワーストの派遣会社を避けるポイントをキャリアコンサルタントが紹介します
なべけん
なべけん

おすすめランキング

派遣会社選びで失敗したくない人は【派遣会社おすすめ大手6社ランキング】もチェックしてください。

ダメな最悪な派遣会社ランキングワースト4つの特徴

まずランキングワーストに入ってしまう派遣会社の特徴を知っておく必要があります。

これらの特徴を知ると、大きなトラブルを避けることができるので良く確認しましょう。

注意ポイント

  • 待遇通知書が発行されない
  • 社会保険に加入ができない
  • 給与がきちんと支払われない
  • 有給休暇の取得ができない

待遇通知書が発行されない

意外と知らない人も多いですが、職場見学へ参加するときは「待遇通知書」の発行が派遣会社は必須です。

待遇通知書とは、紹介されたお仕事の「仕事内容」や「就業条件」などが記載されている契約書とは別の書類(メール)です。

これが発行されていないと、「仕事紹介時と就業後で条件が異なる」ということが説明できなくなってしまいます。

依頼をしなくても発行が必要なため、もらった記憶がない人は注意が必要です。

社会保険に加入ができない

派遣会社は、働くスタッフが加入条件を満たすと必ず社会保険へ加入させなければならない義務があります。

この社会保険料は派遣会社も負担をするので、できれば加入させたくないと考えているのが正直なところです。

そのため、ブラックな派遣会社は条件を満たしていても社会保険加入ができないことがあるのです。これは完全に違法でランキングワーストなので、登録解除も検討するべきです。

給与がきちんと支払われない

言わずもがなですが、給与の支払いも法律で「決められた日に全額支給」が決められています。

そのため、給与振込に遅延が合った場合も違法になります。

有給休暇が取れない

派遣として一定の期間をはたらくと有給休暇が付与されますが、有給の使用は労働者の権利なので取れない派遣会社もワーストの特徴の一つです。

もちろん「時季変更権」と言って希望の日で有給が取得できないこともありますが、希望をしてもいつまでも取得できないときは注意が必要になります。

有給消化は応相談

契約終了のタイミングで有給が残っているときは、有給消化をしたい希望もあると思います。

有給消化については、就業先企業との契約の調整が発生するため、残念ながら紹介できなくても違法にはなりません。

ただし、企業によっては相談可能なケースも多いので、必ず派遣会社の営業に相談するようにしましょう。

具体的な社名でやばい派遣会社を知りたい人は【登録してはいけない派遣会社(実名公開)】をチェックしてください!
なべけん
なべけん

ダメな最悪な派遣会社で起こるトラブルの事例5選

注意ポイント

  • 事前説明と違う仕事をする
  • 就業フォローの相談が受けられない
  • 給料・残業代の支払いが遅滞する
  • 社会保険に加入できない
  • 有給休暇が取れない

事前説明と違う仕事をする

派遣は就業前に結んだ契約の内容・条件で仕事をします。

ですが、派遣先と関係性が悪いような評判悪い派遣会社だと、説明された条件とは別の内容で勤務することもあります。

就業フォローの相談が受けられない

派遣を選ぶ理由に担当営業からのサポートが受けられるための人もいるのではないでしょうか。

このサポートは「労働者派遣法」で義務付けられているものなので、サポートが徹底されていない派遣会社はブラックと言えますよ。

派遣元事業主は、その雇用する派遣労働者が段階的かつ体系的に派遣就業に必要な技能及び知識を習得することができるように教育訓練しなければならない。

派遣元事業主は、その雇用する派遣労働者の求めに応じ、当該派遣労働者の職業生活の設計に関し、相談の機会の確保その他の援助を行わなければならない。

出典:労働者派遣法 第三十条の二

給料・残業代の支払いが遅滞する

給料の支払いは毎月同じタイミングで全額を払うことが義務付けられています。

そのため、あらかじめ指定された日にちに支払われるべき給料がもらえない派遣会社もワースト企業の特徴です。

社会保険に加入できない

派遣ではたらくときには、正社員と同じく社会保険への加入が必要になります。

ですが、ブラックな派遣会社ではこの加入を断れれてしまうこともあるのです。

もちろん加入条件が細かく決められていることもありますが、不当に加入できないことはNGとなりますよ。

有給休暇が取れない

派遣社員も一定期間を勤務すると有給休暇が付与されます。

この有給を自由に使えないこともワースト派遣会社の特徴です。

ただし、有給休暇の使用は契約期間中に限られるため、派遣会社との契約がないときには使えないため注意しましょう。

ダメなランキングワースト派遣会社を避ける3つのポイント

まずはじめに派遣登録では、人によって派遣会社に求めることが異なるので、ネットの口コミなどに左右されないことを意識しましょう。

そして、自分は何を大切にしているのか把握することが重要です。派遣で働くときに大切になるポイントをいくつかご紹介いたします。

ワーストを避けるポイント

  • 優良派遣事業者の認定をチェック
  • フォロー体制が整っているかどうか
  • 相談や苦情への対応の評判をチェック
  • 紹介までのスピードの評判をチェック

優良派遣事業者の認定をチェック

厚生労働省が「優良派遣事業者認定制度」といって、このような観点で基準をクリアしている派遣会社を認定している制度です。

優良派遣事業者の基準

  • 法令遵守う
  • キャリア形成支援
  • 労働環境の確保
  • 派遣先でのトラブル予防
  • 個人情報保護の徹底 など

この認定を受けている派遣会社であれば、ホームページに取得されていることを開示しているため要チェックです。

なお、当サイトで紹介している派遣会社はいずれも認定を受けているので安心して登録ができます。

フォロー体制が整っているかどうか

派遣会社によって就業中のサポート体制が大きく異なるので、きちんと把握しておくことが重要です。

ではどのようなポイントを意識すればいいのでしょうか。

2名以上いると尚良い

働いているときに相談しやすい担当がいると安心して働けますよね。このサポート体制は派遣会社によって異なり1〜2名体制が一般的です。

地方で働いている場合は、大都市圏と比べると企業数が少ないので1名体制が一般的ですが、大都市圏は2名以上のフォロー体制が必須だと考えています。

1人の派遣会社の営業が担当している企業数・スタッフ数が多い傾向があるので、「相談したいときに相談できない」可能性が出てきてしまうので要注意ですね。

キャリア相談の内容・周知

派遣会社はキャリア・コンサルティング(キャリア相談)の窓口を設けることが法律で義務付けられています。

そのためどの派遣会社にも設けられている制度なのですが、周知があまい・内容の充実度が低いことがあります。

「〇〇社 キャリア相談」で検索するとホームページで、キャリア相談の内容・キャリア相談の資格を持っているかどうかなども確認ができるのでチェックしましょう。

ポイント

  • 就業中のフォロー体制は2名以上いると尚良い
  • キャリア相談の窓口が周知されている・内容が充実している

相談や苦情(クレーム)対応の評判をチェック

安心して働くためには、担当への相談がきちんと対応されるか重要ですよね。

ここでは派遣会社として必要な、2つの相談・苦情(クレーム)に関する指標をご紹介いたします。

対応の迅速さ

担当に要望をしても、いつまでも解決されないとより問題が悪化してしまうこともあります。

そのため迅速に対応してくれるかは重要な指標の1つですよね。

対応の質の高さ

早く対応してくれても、きちんと相談内容を理解し求めるレベルの対応をしてくれない困りますよね。

相談や苦情(クレーム)に関するランキングは、「リクナビ派遣」で確認できるのでチェックしましょう。

相談・苦情対応のランキングは「ランスタッド」が全項目でトップ!
なべけん
なべけん

仕事紹介までのスピードの評判のチェック

派遣会社に登録したばかり・働いていた派遣先が契約終了になってしまったとき、お仕事が紹介してもらえるか不安になるのではないでしょうか。

その気持ちに寄り添って仕事紹介をしてくれるかどうかは重要ですよね。

登録から紹介までのスピード

新しく登録された派遣スタッフを大切にできない派遣会社は、仕事をスタートした後のフォローが不安になるのではないでしょうか。

もちろんスピード重視で「希望しないお仕事」を紹介されてしまっては意味がないです。

しかし、登録後にどんな仕事があるか知るためにも、紹介スピードは早い方がおすすめです。

契約終了から紹介までのスピード

新しい登録スタッフと同じですが、一度就業して頂いた派遣スタッフを大切にできない派遣会社も満足度が低くなる傾向があります。

次のお仕事があるか不安な人に向けて、寄り添ってくれる派遣会社を選ぶことがおすすめです。

ダメなランキングワースト派遣会社と気づいたときの対処法

対処法

  • 登録の抹消処理をする
  • 専門機関に相談をする
  • 大手派遣会社に登録する

登録の抹消処理をする

登録情報が残っていると、別の被害が出てしまう可能性もあります。

そのため、登録情報を抹消してもらうようにしましょう。

登録情報は「紹介を停止」などもありますが、この状態だと登録情報が残っているので、抹消処理が可能か聞いてみるのがおすすめです。

専門機関に相談をする

派遣会社へ問い合わせをしても対応してくれないこともありますよね。

その場合には、このような外部の専門機関へ相談することがおすすめですよ。

大手派遣会社に登録する

実績が少ない派遣会社や中小規模の派遣会社は、待遇が悪くブラックな可能性が非常に高いです。

そのため、実績がある大手派遣会社へ登録することがおすすめですよ。

【まとめ】ダメな最悪な派遣会社ランキングワーストの4つの共通点

あらためてご紹介したポイントを確認しましょう。

  • フォロー体制が整った企業を選ぶ
  • 相談や苦情(クレーム)への対応満足度も重要
  • 紹介までのスピードでスタッフへの対応が図れる
  • 「再就業率」でワースト派遣会社を避ける
当サイトのオリジナル派遣会社ランキングを知りたい人は【派遣会社おすすめランキング】をチェックしましょう!
なべけん
なべけん

-おすすめ派遣会社ランキング