登録から就業まで

スタッフサービスのエントリー・社内選考が通らない!遅い・受からない対処法とは

こんな方におすすめ

※クリックすると、読みたいところにジャンプするよ

社内選考に通らないと、就職できずにブランクができるのではないかと不安になりますよね。

貯金を切り崩すことになると、老後に2,000万円の貯金がつくれるのか不安で寝られなくなるかもしれません。

結論、本文で紹介する解決方法を実践すれば、ブランクをつくらずに済みますよ。

ただし、対策するのに時間がかかる可能性もあるため、今すぐに実践するのがおすすめです。

元スタッフサービスのコーディネーターが解説します

なべけん
なべけん

この記事を書いた人

なべけん

なべけん(田邉健)

新卒でスタッフサービスへ入社。コーディネーターとして、累計1,231名以上の派遣スタッフの雇用創出にかかわる。さらに、無期雇用派遣の配属担当者として、東京都の無期雇用派遣スタッフを担当。国家資格キャリアコンサルタント有資格者で、キャリア支援実績112名以上。現在はフリーランスのキャリアカウンセラー・Webマーケター。

詳細のプロフィールはこちら

 

スタッフサービスで社内選考のまま・連絡が遅いときの対処法

スタッフサービスの社内選考は、3営業日以外に進捗連絡が入ります。

たとえば、木曜日にエントリーしたら、火曜日までには連絡が入るということです。

4日以上経っても連絡がなかったら、これらの対処法を実践しましょう。

選考の進捗を問い合わせる

3営業日以内に連絡が来なかったとしても、選考に進んでいるケースもあります。

一方で、コーディネーターや営業が連絡を忘れていることもあります。

そのため、コーディネーターや営業担当に連絡して進捗を確認しましょう。

確認するときには、電話でこのように伝えれば問題ありません。

進捗問い合わせトークスクリプト

先日にエントリーしたお仕事の社内選考の進捗をお伺いしたくご連絡いたしました。

このように伝えれば、エントリーした求人の企業名や紹介してくれたコーディネーター名を忘れてしまっても社内で確認してくれますよ。

なべけん一言コメント
なべけん
なべけん

進捗の問い合わせはメールよりも電話がおすすめ

社内選考の進捗は、電話だけでなくメールで進捗の確認をすることもできます。

しかし、電話で進捗の確認をすることで、選考中だったときにその場で次の仕事を紹介してもらえる可能性があります。

また、あと何日くらいで選考結果が出るかなどの質問もできますので、電話で進捗問い合わせをしましょう。

他の求人にエントリーする

ほとんどの派遣会社は、1件にエントリーすると別の求人にエントリーできません。

しかし、スタッフサービスはお仕事にエントリーしても、複数の求人にエントリーOKです。

他社とは異なり、このようなことが実現できますよ。

複数応募で実現できること

  • 気になる求人すべてにエントリーする
  • 複数の職場見学に参加して見比べる
  • 他の求人の結果待ちを理由に交渉できる

エントリーしてから連絡が来ないときには、他の求人にエントリーするのがおすすめです。

なべけん一言コメント
なべけん
なべけん

複数エントリーしていると時給交渉しやすい

派遣会社の営業とコーディネーターは毎月ノルマを持っています。そのため、ひとりでも多くの派遣スタッフに就業決定しなければなりません。

つまり、「他の求人の方が時給が高いから悩んでいる」などと伝えると、時給を上げてでも就業決定したいと思うということです。

もちろん、社内だけでなく他社でエントリーしているときにも、同じことが言えるため時給交渉がしやすくなりますよ。

より良い条件で働くためにも、複数の求人にエントリーしておくことがおすすめです。

↑目次に戻る

スタッフサービスのエントリーが通らない人の解決策

連絡にすぐ出る

今も働いている人にとっては、就業中に電話に出るのはハードルが高いですよね。

しかし、連絡に出るのが遅いと、このようなデメリットがあります。

連絡にでないデメリット

  • 他の候補者で選考が進んでしまう
  • 連絡がつかない人というマイナス印象になる

派遣スタッフの求人は複数の派遣会社で募集をおこなっており、早く候補者の案内をした企業から職場見学がおこなわれます。

そのため、1分でも早くエントリーをするだけで、社内選考に通りやすくなるだけでなく内定獲得にも近づくのです。

働きながら求職しているときは、職場の上長に「勤務中に仕事紹介で10分ほど抜けることがあります」などと伝えておきましょう。

もし、派遣で働いているのであれば、担当営業経由で確認してもらうようにしてください。

職場見学を最優先にする

職場見学のタイミングが遅いと、他社の派遣スタッフで就業決定してしまうリスクが高くなります。

他社で決定することを避けるために、派遣会社は職場見学が早く調整できる人から順に職場見学の案内することもあります。

つまり、職場見学が早く調整できることは、スキルがあるかどうかと同じくらい重要ということです。

好印象な職場見学可能日の伝え方

前日17:00までの連絡で、10:00までに職場見学終了あるいは16:00以降の待ち合わせで調整可能です。

※ブックマークしておくと、この記事がいつでも見返せるよ

このように伝えると、派遣会社の営業やコーディネーターへミスなく職場見学可能日が伝わります。

さらに、定時までに連絡がもらえたら、今働いている職場にも確認ができますよね。

職場見学の調整ができるように、現職にはあらかじめ「職場見学の予定が入る可能性がある」と伝えておきましょう。

登録情報を見直す

エントリーが通らない原因は、登録情報に不足があってミスマッチの判断をされているかもしれません。

つまり、登録情報を見直すだけでエントリーが通りやすくなる可能性があるのです。

コーディネーターへ連絡をして、あなたの経験と登録情報に齟齬がないかチェックしましょう。

登録情報の見直すリスト

  • OAスキルの登録の有無
  • OAスキルの実務経験
  • 経験した業務内容の有無
  • 経験した業務内容の詳細(件数など)

OAスキルの登録は、実務経験がなくてもスクールや独学で勉強したレベルでも登録ができます。

業務内容については、経験した仕事が登録してあっても、対応した件数や商材などが登録されていないこともあります。

これらを登録すると、対応件数が多ければ「マルチタスクができる人」と判断されて、社内選考が通過しやすくなることもあるのです。

希望条件を見直す

どんなに連絡にすぐ出たり職場見学の調整がしやすかったりしても、希望条件が狭いと仕事紹介の件数が少なくなってしまいます。

職場見学で落ちる確率が60%ほどであることを考えると、3件以上の職場見学を案内されるくらい仕事紹介を受ける必要があります。

現状を振り返って仕事紹介の数が少ないと感じる人は、これらの条件を見直すのがおすすめです。

見直すべき希望条件

  • 通勤時間の長さ
  • 残業時間
  • 時給
  • 制服の有無 など

人気エリアや高時給の求人、残業少なめ、制服なしの求人は人気度が高いです。

そのため、スキルや経験が豊富な方が優先的に社内選考で通過してしまいます。

あなたの希望条件をもう一度考えて、緩和できることは緩和しましょう。

職場見学へ参加した後のことが不安な人は、こちらの記事をあわせてチェックしてください。

あわせて読みたい関連記事

職場見学で落ちる確率は60%と言われる実態

エントリーを続ける

エントリーをしても社内選考に通らないと、エントリーするのを諦めたくなりますよね。

たしかに、通らないのであれば、仕事紹介を受ける時間が無駄に思えてしまいます。

しかし、就業決定するためには、少なくとも10件はエントリーする必要があるのです。

1件の就業決定には3件ほどの職場見学参加が必要で、3件の職場見学に案内されるには10件以上の仕事紹介を受ける必要があります。

  エントリー 職場見学 就業決定
件数 10件 3件 1件
確率 - 30% 40%
エントリーから就業決定までの平均件数

あくまでも平均なので、スキルや経験によっては10件では足りないこともあります。

仕事探しは簡単ではなく、体力もいるため根気よくエントリーすることも大切ですよ。

派遣会社とマメに連絡を取る

コーディネーターが連絡するときには、直近で連絡がつながっている人から順に連絡することが多いです。

連絡がつながりづらいと、「電話をかける時間がもったいない」や「エントリーしても連絡がつながなくなるかもしれない」と思われてしまうためです。

そのため、このようなことで連絡をして、派遣会社と常につながるようにしましょう。

派遣会社へ連絡する内容

  • エントリーした求人の進捗の確認
  • 登録した情報の見直し
  • 仕事紹介の依頼の連絡 など

目安としては、最低3日に1回は連絡をしましょう。

なべけん一言コメント
なべけん
なべけん

派遣会社と連絡がつながっておくことで仕事紹介につながりやすい

わたしがスタッフサービスのコーディネーターとして仕事紹介をしているときにも、1週間以内に連絡がつながっている人を中心に仕事紹介をしていました。

営業職でノルマがある以上は、限られた時間でひとりでも多くの派遣スタッフに仕事紹介をしなければならないためです。

つまり、「連絡がつながりやすい」というイメージを派遣会社から持たれるだけで、仕事紹介だけでなく職場見学の案内につながりやすくなるのです。

定期的に派遣会社へ連絡をするのは大変ですが、希望の仕事につくために5分だけでもスキマを見つけて連絡しましょう。

3社以上の派遣会社から応募する

ごく稀に派遣会社のブラックリストに入ってしまい、エントリーしても通らないことがあります。

すると、何件エントリーをしても職場見学への案内はされません。

また、派遣先によっては特定の派遣会社からしか派遣スタッフの紹介を受けていないこともあります。

つまり、仕事紹介を受ける派遣会社が増えるだけで、紹介される幅が広くなります。

そして、職場見学への案内がされやすくなるです。

スタッフサービス以外に登録するのであれば、下記の派遣会社がおすすめです。

なべけん一言コメント

なべけん
なべけん

派遣会社の複数登録は、派遣会社が最もイヤがる対策

つまり仕事を探す人にとっては、「紹介される仕事が増える」や「時給の交渉がしやすくなる」などのメリットばかりです。

下記のデータから分かるとおり、派遣スタッフとして活躍している人の多くが4社以上に登録をしていますよ。

まだ登録している派遣会社数が4社未満であれば、仕事のミスマッチや時給などで損をしている可能性もあります。

後悔しないためにも、まずは派遣会社への登録からおこないましょう。

派遣会社 複数登録

↑目次に戻る

スタッフサービスのエントリーが通らない理由

エントリーするタイミングが遅い

スタッフサービスは、1件の求人を複数の派遣スタッフへ案内しています。

そして、エントリーしたスタッフの中でスキルがマッチする人がいたら、すぐに派遣先との職場見学の調整がおこなわれています。

そのため、エントリーするタイミングが遅いと、あなたがエントリーしたタイミングで別の派遣スタッフが職場見学の調整に進んでいる可能性があるのです。

OAスキルが足りない

オフィスワークの求人では特に、エクセルをはじめとするスキルの有無が重視されています。

特にこれらのOAスキルは、重視している職場が多いですよ。

多くの仕事で必要なOAスキル

  • エクセルのSUM関数・AVE関数
  • エクセルのVLOOKUP関数

これらのスキルは、調べながら関数を組み込めるだけでも需要が高いです。

また、求人の中には「VLOOKUP関数が組み込まれたシートの使用経験」が必要なこともあります。

もし、あなたが一から組み込んだものではなくても、使用経験があるのであれば登録するのがおすすめです。

実務経験が足りない

派遣先の多くは即戦力になる派遣スタッフを求めています。

そのため、実務経験がある人ほど社内選考で優遇される傾向があります。

実務経験の有無は、このようなことが重視されていますよ。

実務経験で重視されること

  • 業界の経験
  • 職種の経験
  • 業務内容の経験
  • 対応件数

これらが満たしていることをアピールするためには、登録されている職歴情報を更新するのがおすすめです。

派遣スタッフの中には、業界や対応件数が登録されていないことが多いです。

思い当たる人は、今すぐにスタッフサービスへ連絡をして職歴の更新をおこないましょう。

電話対応の印象が悪い

どんなにスキルや経験がマッチングしていても、電話口での対応が悪いと「仕事を安心して任せられない」と判断されてしまいます。

コーディネーターから安心してもらえるように、最低限これらのことを意識しましょう。

仕事紹介時に意識すること

  • 敬語を使う
  • 明るくハキハキと話す
  • 適度にあいずちを打つ

派遣先の社風とミスマッチ

派遣求人のほとんどがスキルマッチングをおこなっていますが、求人によっては社風とマッチするかどうかも判断しています。

たとえば、エルダー層が多くて落ち着いた職場であれば、テキパキとした人はミスマッチになってしまいますよね。

社風については、エントリーをしてみないと判断できないため、まずはエントリーすることがおすすめです。

ブラックリストに入っている

スタッフサービスのブラックリストに入っていると、仕事紹介がされなかったり紹介されても選考に通らなかったりしてしまいます。

ただし、自分がブラックリストに入っているかどうかは確認ができません。

もし10件以上エントリーをしても選考に進まなかったら他社への登録をしましょう。

前の派遣先での評価が低い

スタッフサービスとしては、派遣先に貢献してくれる派遣スタッフを紹介したいと思っています。

派遣先とのミスマッチがないように、すでにスタッフサービスで働いた経験がある派遣スタッフであれば、前職の営業担当にスタッフの特徴などを聞くことがあります。

そのときに、前職での評価が悪いとマイナス印象になってしまい、社内選考で落ちてしまうのです。

ブラックリストと同様に、10件以上エントリーしてもエントリーが通らない人は、他社への登録がおすすめですよ。

↑目次に戻る

スタッフサービスのエントリー後の流れ

エントリー後の流れ

  • Webエントリー
  • 仕事紹介・スペシャルオファー
  • エントリー(正式)
  • 社内選考
  • 職場見学
  • 内定

  • Webエントリー

    求人サイトやスタッフサービスの公式ページから応募することでエントリーができます。

    ただし、ネット掲載されている求人は、正式に案内が可能な場合にのみコーディネーターから連絡がきます。

    連絡が来ないときには、すでに候補者が多数のケースや別の方で社内選考が進んでいる可能性が高く案内されない可能性が高いです。

  • 仕事紹介・スペシャルオファー

    Webエントリーの求人でエントリー可能なもの以外に、新着の求人が営業担当やコーディネーターから紹介されます。

    スタッフサービスからの紹介方法

    • 電話
    • メール
    • スペシャルオファー

    スペシャルオファーは仕事紹介と同じ扱いで、選考通過が約束されたものではないため注意してくださいね。

  • エントリー(正式)

    紹介された求人が希望通りで問題がなければ、エントリーをして社内選考へ進みます。

    Webエントリーとは異なり、紹介後にエントリー希望することで正式なエントリー扱いとなりますよ。

    また、スペシャルオファーも同様で、オファー承諾後にコーディネーターからの確認連絡の後にエントリーとなるため注意してください。


  • 社内選考

    社内選考は派遣会社内でおこなわれるもので、職場見学へ案内ができるか選考をしています。

    派遣会社内の選考では、このようなことが重視されていますよ。

    社内選考で重視されること

    • 必要なスキルがあるか
    • 必要な経験があるか
    • 人柄や派遣先の社風と合うか
    • 職場見学が調整できる日程など

  • 職場見学

    社内選考が進んだら、派遣先へ訪問してミスマッチがないか確認します。

    職場見学のときには、営業担当と20〜30分前に待ち合わせをして、事前の打ち合わせがあります。

    職場見学は面接形式でおこなわれますが、派遣会社の営業担当が同席していてサポートが受けられるので安心してください。


  • 内定

    職場見学の後に、あなたと派遣会社の双方がOKであれば就業決定です。


↑目次に戻る

よくある質問

スタッフサービスのスペシャルオファーで落ちることはありますか?

スペシャルオファーの紹介でも落ちる可能性があります。

スペシャルオファーは電話やメールの仕事紹介と同じ仕事紹介の手段のひとつです。

そのため、複数の派遣スタッフへオファー送付をしていますよ。

選考通過が約束された求人ではないため、過度な期待をしないように注意してください。

スタッフサービスでエントリー後はマイページに反映されますか?

エントリーした求人情報は、基本的にはマイページに反映されます。

ただし、求人によってはスタッフサービス社内で処理が終わっておらず、リアルタイムで反映されないことがあります。

マイページに反映されないときには、コーディネーターへ問い合わせをしましょう。

スタッフサービスの合否連絡は何日後ですか?

スタッフサービスの社内選考の進捗連絡は3営業日が目安です。

選考に落ちてしまったときには、電話やメールで連絡がきますよ。

もし選考が進んでいるのであれば、選考が進んでいる旨の進捗連絡が電話やメールで入ります。

ただし、稀に営業やコーディネーターが連絡を忘れていることもあります。

3営業日以内に連絡がこないときには、4営業日目にコーディネーターへ進捗の確認をしましょう。

スタッフサービスのオファー進捗履歴とは何ですか?

スタッフサービスのスペシャルオファーやエントリーした求人の選考状況が反映されています。

スペシャルオファーの求人が気に入ったら、「オファーを受ける」を押すと「オファー受付中」になります。

ただし、オファー受付中状態では、正式なエントリー状態ではありません。

後に派遣会社からの連絡が来るため、コーディネーターからの連絡を待ってエントリーしましょう。

スタッフサービスのエントリー後に電話はきますか?

スタッフサービスでWebエントリーした後に、社内選考へ案内可能なときには連絡がきます。

ネット上には掲載されていない細かい業務や求人についての説明があるため、コーディネーターから確認の連絡が入るのです。

ただし、紹介できないときには連絡は来ないため、必ず連絡が来るということではありません。

スタッフサービスは登録だけでも良いですか?

スタッフサービスは登録だけでも問題ありません。

無料登録するだけでは、契約は結ばないため他社に登録しても大丈夫ですよ。

さらに、他社で内定が出たときにも登録解除・抹消する必要はないため安心してください。

そのため、他社も含めてまずは複数の派遣会社へ登録して、どのような求人が紹介されるのかを確認するのがおすすめです。

スタッフサービスのエントリーをキャンセルはできますか?

エントリーをした後に、営業やコーディネーターへ連絡すればキャンセルはできます。

ただし、キャンセルが多いと「またキャンセルする」と思われてしまい、スタッフサービスからの信頼を失ってしまいます。

信頼を失うと仕事紹介がなくなったり、ブラックリスト入りする可能性もあるため注意してください・

スタッフサービスのオファー受付中とは何ですか?

スタッフサービスのオファー受付中は、正式にはエントリーされていない状態です。

コーディネーターから詳しい内容説明やヒアリングがおこなわれた後に、正式なエントリーとなります。

オファー受付中のときには、できるだけ早くスタッフサービスへ連絡をして正式なエントリーへ進みましょう。

↑目次に戻る

まとめ

なべけん一言コメント

なべけん

なべけん(田邉健)
キャリアコンサルタント

エントリー数を最大化して内定獲得を目指そう

何件もエントリーしても選考が通らないと、スタッフサービスに怒りすら湧いてきますよね。1件の仕事紹介を受けるにも10分近くかかるし、その時間がムダになると、ブランクができてしまわないか不安にもなると思います。

しかし、内定獲得をするための最も有効な手段は「エントリーをし続けること」です。

理想としては1件にエントリーして、職場見学が決まり就業決定することです。しかし、理想的な確率で選考が進む人はほとんどいません。そのため、少しでも多くの求人にエントリーすることが重要なのです。

もし、希望の求人ではなくても、派遣先で実績をつくれば次の転職で希望の仕事に就ける可能性が上がります。そのため、短期の自分の希望を優先するのではなく、長期的な目線で希望の仕事に就くことも大事ですよ。

もちろん、そのためにはスタッフサービス以外から紹介を受けることも大事です。登録している派遣会社数が6社以下なのであれば、他社への登録おこないましょう。おすすめの派遣会社は【おすすめ派遣会社ランキング】で紹介しているのでチェックしてくださいね。

あわせて読みたい関連記事

おすすめ派遣会社ランキング

↑目次に戻る

-登録から就業まで