登録から就業まで

派遣の職場見学で落ちる確率60%?顔合わせはほぼ採用の実態

スムーズに就業決定して、ブランクをつくらず収入の不安なく働きたいですよね。

とはいえ、希望条件を妥協したくないとも思うのではないでしょうか。

結論、職場見学参加後の落ちる確率は60%ほどで、まだ安心はできません。

本文で紹介する対策を実践すれば、スムーズに就業決定できますよ。

元派遣コーディネーターが解説します
なべけん
なべけん

なべけん(田邉健)略歴

  • スタッフサービス人材コーディネーター経験者
  • 累計1,231名以上の雇用創出
  • 無期雇用派遣の配属担当者
  • 国家資格キャリアコンサルタント有資格者
  • キャリア相談実績112名以上

派遣の職場見学に落ちる確率は60%ほど(ほぼ採用は嘘)

落ちる確率は60%ほどなので、3件の職場見学に参加すると1件内定獲得ができるイメージです。

もちろん、派遣先で重視されていることや職種、経験の有無によって合格率は変わってきます。

それぞれのパターンについて詳しく解説します。

スキル・社風のミスマッチを判断している

そもそも職場見学で何が重視されているのかイメージが湧かないと不安になりますよね。

結論、職場見学ではこのような観点で、スキルや社風とミスマッチがないか判断していますよ。

職場見学のチェックポイント

  • 即戦力で働けるスキルがあるか
  • 社風に馴染めそうな人柄か
  • 安定して働けそうかどうか

スキルが足りないと教育するコストがかかってしまい、派遣先にはメリットがないですよね。

また、どんなにスキルがマッチングしていても、社内の人間関係と合わなければ長く働き続けられません。

職場見学で落ちないためには、派遣先が求めるスキルだけでなく社風を把握するのがポイントですよ。

職種・経験の有無で内定率が異なる

職種によって求めるスキルのハードルが異なり、求める経験のレベルも異なります。

代表的な5つの職種ごとの職場見学後の内定率は、1,231名の就業機会に携わった経験から下記が目安です。

職種 合格率
(未経験者)
合格率
(経験者)
事務職 40% 60%
コールセンター 60% 80%
営業職 80% 90%
販売職 80% 90%
軽作業 90% 90%
【職種別】職場見学参加後の合格率

合格率が60%としている理由は、派遣求人のほとんどが経験者向けの事務職のためです。

また、未経験者で職場見学へ参加するときには、「未経験OK」の求人であることがほとんどです。

しかし、人柄や仕事のスタンスなどが判断されるため、一般的に未経験者の方が合格率が下がる傾向があります。

もちろん、企業規模や求人の特徴によっても内定率は大きく異なります。

とにかくブランクを作らずに内定獲得をしたい人は、【職場見学で採用されやすい求人の特徴は何ですか?】へ読み飛ばしましょう。

なべけん一言コメント
なべけん
なべけん

20代であれば未経験でも採用されやすい

事務職の未経験者の合格率は40%ほどですが、20代であれば合格率は80%ほどになる印象です。

派遣先の企業は、経験がなくても吸収力がある20代を希望していることが多いですよ。そのため、20代であれば興味がある高時給の仕事にエントリーをするのがおすすめです。

ただし、30代以上になると経験者でなければハードルが高くなってしまいます。まずは、30代・未経験で応募できる仕事で経験を積み、スキルアップしていくことがおすすめですよ。

合否連絡が遅くなると内定率が下がる

即採用されるときは、顔合わせの「直後」に派遣会社から結果がもらえます。

直後でなくても当日中に連絡がもらえるケースも多いです。

もちろん、「当日に結果の連絡がこない=不採用」ではありません。

顔合わせ後2日以内の連絡が目安

結果については、参加後2日以内に連絡が入ることが多いです。

もし当日に結果連絡がなかったときは、このような理由が考えられます。

連絡が来ない理由

  • 派遣会社が連絡を忘れている
  • 派遣先の稟議待ち
  • 他社の職場見学待ち
  • 担当者が忙しい など

3日待つ場合は、他求人エントリーがおすすめ

結果が出るまで3日かかると「遅い」ので、並行でエントリーするのがおすすめです。

連絡を3日待った後に回答が更に延びて1週間待ったり、不採用になってしまったりすると回答待ち期間がもったいないですよね。

もし採用となった場合も、エントリーの辞退は容易にできるので安心してください。

顔合わせ後の不採用は違法でない

職場見学後に不採用になるということは「面接行為」に抵触して、違法になるのではと思いますよね。

たしかに、派遣先が合否の判断をしていたら違法となってしまいます。

結論、顔合わせ後の不採用は「派遣会社の判断」なので、違法にはならないのです。

参考:厚生労働省『派遣受入れ前の面接は禁止ですか』

↑目次に戻る

職場見学に落ちる原因と対策

他社で就業決定する

本来は候補者の見比べはNGですが、複数の派遣会社から紹介された候補者と会っている企業も多いのが事実です。

仕事のスキル・ヒューマンスキルなどが比較され、より合う候補者1名に内定がでることになります。

他社で就業が決まったケースであっても、不採用理由で「他社で決まってしまいました」とは言われません。

候補者の見比べは法律で禁止されているので、比較したことが分かる断り方はされないです。

断り連絡の内容の例

  • 「先方の事情で、募集クローズとなってしまいました」
  • 「先方から募集クローズの連絡が入りました」
  • 「募集の見直しにより募集停止となりました」など

このように「募集がなくなった」と言われたときは、他の方で決まってしまったと思ってください。

他社で就業決定を避ける対策

他社で就業決定を避けるためには、できるだけ早く求人にエントリーしましょう。

希望の求人が紹介されたとしても、口コミが気になってエントリーを先延ばしにしてしまいませんか。

しかし、エントリーするのが遅くなると、他社の派遣会社から候補者が紹介されてしまいます。

すると、他社で就業決定されてしまう可能性が高くなってしまうのです。

まずは社内選考にエントリーをして、エントリーしてから口コミを調べましょう。

印象・対応が悪い

どんなにスキルがあっても、第一印象が悪いと一緒に働きたいとは思ってもらえません。

メラビアンの法則によると、面接などのシーンでは「見た目」と「声のトーン」が与える影響が大きいと言われています。

好印象になるための解決策

メラビアンの法則を踏まえて、このようなことに気をつけて職場見学・顔合わせに参加しましょう。

服装・身だしなみに気をつける

自信を持って回答する

担当者の目を見る

明るくハキハキと話す

メモを取る

あいづちを打つ

募集条件の見直し

職場見学をした後に、募集の条件に見直しが入り不採用となることもあります。

その場合は「他の候補者で決まった」ときと異なり、事実を伝えられることが多いです。

求人の募集は継続しているので、「リクナビ派遣」などの求人サイトには掲載が残ることになります。

そのため、Webへの求人掲載が残っていても問題がないような断り方をされます。

募集条件の見直し時の断り方

  • 「前任の退職が急遽決まり、直近での経験が必要となってしまいました」
  • 「採用要件の見直しで、お力になれない結果となってしまいました」など

募集条件の見直しによる選考落ちを避ける対策

残念ながら募集条件の見直しによる選考落ちを避ける方法はありません。

ただし、複数の派遣会社から紹介を受けることで、ブランクを防ぐきっかけになります。

職場見学後の合格率が40%であることを考えると、複数の派遣会社で紹介を受けるのがおすすめです。

スキル不足

エントリーの条件を満たしていても、経験によっては「業務を任せられない」と判断されてしまうこともあります。

派遣会社側でミスマッチがないように「経験年数」や「経験内容」で選考をしていますが、業務の流れや裁量などスキルシート(職務経歴)ではわからないこともあります。

そのため「顔合わせ」で経験業務の回答内容によって採用結果が左右してしまうのです。

スキル不足による不採用を避ける対策

スキル不足によるミスマッチを避けるためには、派遣会社へ登録しているスキルを見直しましょう。

たとえば、Excelの使用経験があったとしても、どの企業で何の機能を使ったか登録している人は少ないです。

これらを詳しく登録することで、ミスマッチを防ぐことにつながりますよ。

また、登録漏れがあったときには、新しい仕事紹介につながる可能性も高いのでおすすめです。

社風と合わない

スキルと同じく職務経歴ではわからないヒューマンスキルも、顔合わせで業務とのマッチングを図るポイントです。

経験が長く業務がこなせる方でも、同業務者とうまく仕事ができそうかどうかなどが判断されます。

人柄などはコントロールできないので、ありのままの自分で顔合わせに参加できるかどうかが重要ですね。

社風による選考落ちを防ぐ対策

社風によるミスマッチを防ぐためには、事前に営業担当から説明してもらうことがおすすめです。

仕事紹介をするコーディネーターは、派遣先企業へ訪問したことがないケースがほとんどです。

企業を担当している営業から話を聞くことで、事前に職場のイメージをすることができますよ。

とはいえ、派遣先の雰囲気などは一度見てみないとイメージができないですよね。

職場見学に参加してから社風にミスマッチがないかどうかを判断するのがおすすめです。

↑目次に戻る

職場見学で落ちるサイン

予定よりも早い時間で終わる

派遣先との顔合わせは面接と同じような役割をするため、一定の時間をかけておこなわれます。

企業も業務の合間を縫って顔合わせの調整をしていますよね。

そのため、採用の見込みがないときには、予定よりも早く終わってしまうことがあります。

早く終わってしまったときには、不採用のサインと考えられます。

担当者の表情がくらい

採用に前向きなときには、採用を前提に質問をしてくれることが多いです。

担当者の顔がくらいときには採用へ後ろ向きのことが多いです。

もちろん、担当者によっては元々表情がない方もいるため、表情だけで判断するのは注意が必要ですね。

「ご縁があれば」を多様している

採用に前向きなときには、「いつから入社できるか」などはたらける前提の質問や確認が多くなります。

一方で「ご縁があれば」と濁した言い方をされるときには、マイナス印象になっていることが多いです。

↑目次に戻る

職場見学に落ちたらすべきこと

営業担当からフィードバックをもらう

「同じ理由で職場見学後に落ちてしまうかもしれない」と不安を感じていませんか。

もちろん、ご自身で「良かったこと」と「改善できること」を振り返るのは重要です。

しかし、自分だけだと振り返りが足りないこともあるため、職場見学に同席した営業担当からフィードバックをもらうことがおすすめです。

第三者からフィードバックをもらうことで、自分では気が付かなかった改善点に気がつくこともありますよ。

職場見学後の帰り道や結果連絡をもらったときに、「本日の職場見学のフィードバックをいただけないでしょうか」と質問をしてみましょう。

なべけん一言コメント
なべけん
なべけん

別求人の紹介につながる可能性がある

派遣スタッフの多くは「別のお仕事を紹介してください」と連絡が来ます。しかし、職場見学で不合格にした派遣スタッフへ、もう一度仕事紹介をしたいとは残念ながら思いません。

一方で、「次回の職場見学で実践した方が良いことがあればフィードバックを頂けますでしょうか」と連絡したらどうでしょうか。仕事探しに前向きな姿勢が伝わり、好印象につながるのです。すると、営業担当から別の求人を紹介してもらえるチャンスが高まりますよ。

焦ってい仕事を探している気持ちもわかりますが、採用されるための対策を積み上げていきましょう。

コーディネーターに紹介希望の連絡をする

営業から職場見学後の合否連絡が来ますが、派遣会社内で連携が取れていないときが稀にあります。

すると、いつまでもコーディネーターから仕事紹介されずに、ブランクができてしまう可能性があるのです。

このようなトークスクリプトを参考にして、コーディネーターへ紹介希望連絡をしましょう。

紹介希望連絡のスクリプト

  • 『職場見学で不採用になってしまい、追加のお仕事紹介をいただきたくご連絡いたしました』
  • 『職場見学に参加して希望条件が変わったので、更新いただけますでしょうか』

ほぼ採用される求人に応募する

人によっては生活が厳しくなるのを避けるために、ブランクをつくらずに即採用されたいですよね。

即採用を優先する人は、このような求人にエントリーすると採用確率が高くなりますよ。

ほぼ採用される求人の特徴

  • 職場見学なし
  • 大量募集
  • 官公庁
  • シフト制あり
  • 時給が低い
  • 制服あり
  • 残業時間が多い
  • 派遣元のスタッフが多い

複数の派遣会社から紹介を受ける

元派遣コーディネータの一言アドバイス
なべけん
なべけん

派遣会社の複数登録は、派遣会社が最もイヤがる対策です。

つまり仕事を探す人にとっては、「紹介される仕事が増える」や「時給の交渉がしやすくなる」などのメリットばかりです。下記のデータから分かるとおり、派遣スタッフとして活躍している人の多くが4社以上に登録をしていますよ。まだ登録している派遣会社数が4社未満であれば、仕事のミスマッチや時給などで損をしている可能性もあります。後悔しないためにも、まずは派遣会社への登録からおこないましょう。

派遣会社 複数登録

↑目次に戻る

希望の仕事でほぼ採用される対策

派遣会社の連絡にすぐ対応する

派遣会社の連絡へすぐに対応するだけで、職場見学への参加率が上がるだけでなく職場見学の合格率が上がるのです。

派遣会社は「他社よりも早く派遣スタッフを紹介すること」で、他社スタッフが採用されるのを防ごうとしています。

つまり、「スキルにミスマッチがない早くエントリーした派遣スタッフ」が職場見学へ案内されるのです。

そのため、早く連絡に対応することで選考通過率が高まりますよ。

また、早くエントリーすると他社スタッフが提案される前の可能性が高いため、即採用の可能性が高まるのです。

すぐに連絡へ対応できるように、このようなことを実践しましょう。

即連絡するためのチェックリスト

  • 勤務中に仕事紹介連絡を受ける了承を現職からもらう
  • 自分で交渉できなければ派遣会社の営業経由で了承をもらう
  • 1時間おきに着信やメールがないかチェックする

年単位の職歴をつくる

正直、年単位の職歴があれば社内選考はもちろん、職場見学の合格率が一気に上がります。

派遣先企業としては、すぐに辞められてしまうと教育した意味がなくなってしまいますよね。

そのため、長年勤めてくれる派遣スタッフを優先的に社内選考で通過させるのです。

一度就職した派遣先で、できるだけ長く働くことがポイントですよ。

必要なスキルの実績をつける

派遣先の企業が派遣スタッフを募集する理由をご存知でしょうか。

正社員に比べるとコストがかからないということもありますが、即戦力を求めているケースがほとんどです。

即戦力であることをアピールするためには、求められるスキルを活かした実績があることをアピールしましょう。

このようなスキルがあると、即職場見学・顔合わせ参加や即採用につながりますよ。

派遣先からニーズあるスキル

  • VLOOKUP関数を使用した業務
  • ピボットテーブルを使用した業務
  • Accessを使用した業務

↑目次に戻る

よくある質問

テンプスタッフで職場見学参加後に落ちる確率はどれくらいですか?

テンプスタッフで職場見学参加後に落ちる確率は、一般と同様に40%ほどです。

他社でポジションが埋まってしまう可能性もあり、社内選考に通ったからといって採用されるわけではありません。

結果がわかってから他社登録しようと思っていませんか?

たしかに、あたらしく派遣登録はめんどうですよね。

しかし、登録が遅くなると人気の高時給の求人はなくなります。

希望時給を下げたり通勤範囲を広げたりしなければなりません。

これを避けるには、早めに他社へ登録しておくのがおすすめです。

「スタッフサービス」なら、複数の職場見学へ参加できるので就業決定のスピードが早いです。

時給を下げたくない人は、「スタッフサービス」への登録を済ませておきましょう。

リクルートスタッフィングで職場見学後に不採用になりますか?

リクルートスタッフィングで職場見学参加後に不採用になる可能性もあります。

また、採用可否の連絡に数日かかることもあります。

ブランクを作らずに働きたい人は「スタッフサービス」など他社でも並行で仕事探しすることがおすすめです。

職場見学では何を質問をされますか?

「自己紹介をお願いいたします」

「これまでの経歴をお願いします」

「今回応募したご理由を教えてください」

「前職の退職理由について教えてください」

「PCスキルについて教えてください」

「残業は月何時間までできますか?」

「いつから就業スタートできますか?」

「何か質問はありますか?」

職場見学の後には何を確認すべきですか?

職場見学の後には、これらを確認しましょう。

職場見学後に確認すべきこと

  • いつ頃に回答の連絡がもらえるか
  • 回答はいつまで待ってもらえるか
  • 職場見学で聞けなかったこと

回答の連絡が遅くなるときには、内定率が下がる可能性が高いです。

ブランクをつくらずに働くためには、「他の仕事紹介を受ける」あるいは「他社で仕事紹介を受ける」をしましょう。

職場見学後に内定となったら何を確認すべきですか?

顔合わせに参加した後に就業依頼をされたときは、3つのことを確認するようにしましょう。

内定したら確認すべきこと

  • 就業スタート日
  • 時給
  • 初日の待ち合わせ

就業スタート日によっては、内定を承諾するかどうか変わることもありますよね。回答をした後に「話が違う」とならないように、必ず確認しましょう。

併せて時給についても変更がないか確認をしてください。事前に明示されている待遇通知書と同じ時給かどうかを念の為確認する程度でOKです。

また、派遣でお仕事をスタートすると、初日に営業担当が同行してくれることもあります。

就業スタート直前になってバタバタしないように事前に確認をしておきましょう。

職場見学後に回答を保留できますか?

顔合わせ参加後に就業依頼がきても、回答に悩むこともありますよね。

すぐに回答ができないときには、この2点を伝えて保留することができますよ。

回答を保留するときに伝えること

  • 悩んでいる理由を素直に伝える
  • いつまでに回答するか相談する

悩んでいる理由を素直に伝える

たとえば、他社で高時給のお仕事にエントリーしていて回答に悩むこともありますよね。

このようなときも理由を回答を保留する理由としてきちんと伝えましょう。

理由を伝えることで営業が派遣先へ交渉をしてくれることもあります。

いつまでに回答するか相談する

回答に悩むときには、いつまでに回答をするのか営業担当とすり合わせましょう。

保留の期間は長く待つことはできず、長くても2日程度なので長くなるときには辞退を考えるのも方法の一つです。

職場見学後の辞退は何をすれば良いですか?

辞退をするときには、この2つを実践しましょう。

伝えるべきことを伝えないと、次からの仕事紹介にマイナスの影響が出てしまうことがあるので注意してください。

職場見学後の辞退で伝えること

  • 辞退したい理由を伝える
  • 次の仕事紹介を希望するか伝える
  • 新しい希望条件を伝える

理由をきちんと伝えないと、次の仕事紹介をすることができなくなってしまいます。

伝えづらいかもしれないですが、希望にあった仕事を紹介してもらうためにも必要なのです。

ついメールやショートメッセージで伝えたくなりますが、電話で辞退を伝えるときちんと希望も伝えられます。

その場で新しい仕事を紹介してもらえることもあるので、時間を見つけて電話で連絡しましょう。

↑目次に戻る

まとめ

まとめ

↑目次に戻る

  • この記事を書いた人
なべけん

なべけん

【キャリアコンサルタント】新卒でスタッフサービスへ入社し、人材コーディネーターを担当。1,231名以上の就業機会を創出し、就業決定数・生産性ユニット年間MVPを受賞。現在はフリーランス独立し、112名以上のキャリア支援実績あり。【資格】国家資格キャリアコンサルタント(登録番号19005362)

-登録から就業まで