働き方の疑問

派遣会社に副業はバレる?禁止・できない人もOKで稼ぐ5つの注意点

派遣副業バレる

こんな方におすすめ

  • 副業をしたいけど派遣会社にバレないか不安
  • 会社に副業をバレずにする方法がわからない
  • おすすめの副業や派遣会社が知りたい

 

リクルートスタッフィングやスタッフサービスなど副業を禁止している会社もあり、バレたらどうしようかと不安になりますよね。

 

中には派遣会社へ副業がバレてしまい、今後バレないようにするためにはどうすればいいか知りたい人もいるかもしれません。

 

結論からお伝えすると、確定申告で気をつけさえすれば派遣会社にバレることなく副業ができます。

 

ここでは、大手派遣会社で1000名以上の就業機会に携わっているコーディネーターなべけんが、副業が派遣会社へバレない方法・おすすめの副業についてご紹介いたします。

 

この記事でわかること

  • 確定申告の住民税支払いを自分ですればバレない
  • はじめての副業はWebブログがおすすめ
  • 派遣会社によっては副業が禁止されているので要注意
  • 副業をするならマイナビスタッフに派遣登録がおすすめ

 

副業にチャレンジしたい人は、副業をしている人が多いクリエイティブ業界で働くことがおすすめですよ。

本業で働きながら副業のノウハウを教えてもらえるチャンスがあります!

クリエイティブ業界の紹介をしてもらうためには、業界に強い派遣会社に登録することがおすすめですね。

マイナビスタッフであれば、業界トップクラスのクリエイティブ求人を取り扱っています。

登録が面倒に感じる人もいると思いますが、面倒に感じることをできる人は40代でも50代でも仕事紹介され続け、副業を始めるチャンスも掴めますよ。

マイナビスタッフ 口コミ率

»【たった5分】今すぐ無料登録する

派遣会社からバレずに副業する5つの注意点

注意ポイント

  • 派遣会社の副業規定をチェック
  • 法定労働時間内で働くようにチェック
  • 住民税申告・確定申告をする
  • 確定申告で「普通徴収(自分で納付)」を選択する
  • 副業をしていることを口外しないようにする

派遣会社の副業規定をチェック

法律で禁止はされていないですが、禁止されている場合は「就業規則」に明記されています。

ただし、規則は言葉が難しく「副業の可否」を判断できないことも多いので、派遣会社へ問い合わせると安心ですね。

副業OKの主要な派遣会社

  • パーソルテンプスタッフ
  • アデコ
  • マイナビスタッフ
  • パソナ
  • ランスタッド

派遣先のルールに要注意

派遣会社は副業OKであっても、派遣先のルールを準拠しなければならないこともあります。

たとえば金融業界の場合は、株やFXなどの金融商材の取引に制限がかかることもあります。株取引などの副業がNGとなるので注意しましょう。

副業NGの主要な派遣会社

  • リクルートスタッフィング:1日8時間・週40時間を越えない
  • スタッフサービス:副業は禁止

副業NGでバレると始末書や懲戒処分の可能性あり

副業が禁止されている派遣会社で副業がバレると始末書や減給などの懲戒処分になる可能性があるので要注意です。

処分だけでなく仕事紹介がなくなってしまう可能性が高いので、必ず副業規定はチェックするようにしてくださいね。

フリーランスなら副業OK!

実は雇用契約を結ばないフリーランスであれば、「スタッフサービス」も副業の制限はかかりません。

そのため、ほとんどの派遣会社が副業へ寛容であるとということになりますね。

法定労働時間内で働くようにチェック

「労働基準法」で1人が働ける時間が決められています。

また休日も週1日以上取らなければならないので、「休日だけ働こう!」や「仕事のあとに働こう!」は本来はNGなのです。

ただし副業がバレる要因は住民税の徴収による「収入」なので、労働時間が管理されることは基本ありませんがグレーゾーンなので注意が必要ですね。

◇労働基準法

第三十二条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。

第三十五条 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。

住民税申告・確定申告をする

副業をすると収入が発生するため、住民税申告あるいは確定申告が必要になります。

申告するものは2種類ありますが、副業の収入によってどちらを申告するのか変わりますよ。

  • 20万円以下:住民税申告
  • 20万円を超える:確定申告
なべけん
20万円以上の副業収入がある人は、確定申告の方法によって会社にバレてしまう可能性があるため注意が必要です!

確定申告で「普通徴収(自分で納付)」を選択する

実は給与から引かれる税金は、給料が一番高い会社の給料からまとめて差し引かれることをご存知ですか。

つまり副業分の税金も、派遣会社からの給料から引かれてしまうのです。

このときに、派遣収入の「住民税」より多く税金が徴収されていると「他にも収入がある」ということがバレてしまうということですね。

これを避けるために、確定申告で「普通徴収」を選択するようにしましょう。

  • 普通徴収:自分で納付するので派遣会社にバレない
  • 特別徴収:会社の給与天引きなので派遣会社にバレる

このときに「自分で納付」をすると派遣会社の「給与から差引き」されないので、住民税の徴収でバレることはなくなります。

住民税・事業税に関する事項

引用:国税庁「手順6 住民税、事業税に関する事項(申告書第二表)を記入する」

副業をしていることを口外しないようにする

実は副業がバレてしまう原因で最も多いのは、「副業していることを伝えた人にバラされてしまう」なのです。

どんなに確定申告を注意したとしても、自分が原因でバラされてしまうともったいないですよね。

自分が副業していることを伝える人は最小限にして、本当に信頼できる人だけにするようにしましょう。

はじめての副業は派遣ブログがおすすめ【いきなり5万円稼ぐ】

おすすめの理由

  • 派遣会社にバレる可能性が低い
  • Webライター未経験でも始めやすい
  • 年収アップやフリーランス独立が目指せる

ブログなら副業禁止の派遣会社でもOK

派遣会社が禁止している副業は、契約を結ぶようなWワークです。

たとえば派遣で働きながらアルバイトとしても契約を結んで働くようなパターンですね。

そのため、フリーランスとして働くのであれば全く問題ないですよ。

ブログであればフリーランスとして副業をするので、副業禁止の派遣会社でもW始められるのです。

フリーランスとして副業をすると確定申告は自分でするので、「自分で納付」を選べば派遣会社の給与から税金が天引きされることもないですね。

ブログは稼げる副業で最も初期費用が安い

副業を始めても失敗してマイナスが発生してしまったら意味がないですよね。

ブログであれば初期費用が安いのでそのような心配もいりませんよ。

さらに、後に紹介する記事では初期費用を回収するだけでなく、誰でも簡単にブログで5万円稼ぐ方法を紹介しました。

この記事を読んでいる人は必ず実践してくださいね。

年収アップやフリーランス独立が目指せる

派遣で働いている人の中には、「年齢を重ねると紹介される仕事がなくなってしまうのでは」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

ブログを運営するとさまざまなスキルを身につけることができます。

たとえば、「Webマーケティングスキル」や「Webライティングスキル」「コピーライティング」「セールスライティング」などがありますよ。

このスキルはブログ以外にも使えるスキルなので、転職活動でアピールすることも十分できます。

フリーランスとしての独立も目指せる

ブログは読まれる記事を書くと、ほとんど手入れをしなくても収益が発生します。

言ってみれば、寝ていても収益が発生するような感覚です。

実際にブログ収益でフリーランスに独立し活躍している人もいますよ。

そのため、将来的にはフリーランスとして独立することは十分できますね。

ブログについてもっと詳しく知りたい人は、こちらで解説しているので参考にしてください!

エックスサーバー
副業したい!派遣社員におすすめ月5万円を稼ぐブログ運営の方法とは【完全未経験OK】

副業をするなら今すぐマイナビスタッフに無料登録しよう

マイナビスタッフ

マイナビに派遣のイメージがない人も多いのではないでしょうか。

ですが、マイナビスタッフは登録スタッフが増えており注目の派遣会社の一つです。

特にご紹介したWebライターのようなクリエイティブ職は、業界トップクラスの求人数で副業を考えている人は登録必須ですね。

おすすめ理由

  • クリエイティブ職の求人数が業界トップクラス
  • クリエイティブ職の専門コーディネーター
  • 口コミランキングNo.1

クリエイティブ職の求人数が業界トップクラス

派遣と聞くと事務職のイメージが強いと思いますが、マイナビスタッフは事務職に劣らないくらいクリエイティブ職の求人を取り扱っています。

マイナビスタッフ 求人

引用:マイナビスタッフHP

クリエイティブ職にはWebライターを含むこのようなお仕事がありますよ。

  • Webライター
  • コピーライター
  • エディター(編集者)
  • Webデザイナー など

クリエイティブ業界は副業が主流!

クリエイティブ職が活躍している広告・出版業界やWeb業界は副業が当たり前になりつつあり、多くの社員が本業以外にも仕事をしています。

そのため、派遣としてクリエイティブ職で働きながら、副業のノウハウを学ぶ機会もありますね。

クリエイティブ職の専門コーディネーター

とはいえ、未経験からクリエイティブ職に就職するのは不安に感じる人もいらっしゃいますよね。

そのような人に向けて、マイナビスタッフはクリエイティブ職専門のコーディネータがしっかりと仕事探しをサポートしています。

マイナビスタッフ クリエイティブ

引用:マイナビスタッフHP

今までにも未経験からクリエイティブ職への就職支援実績が多数あるため、安心して仕事探しができますね。

口コミランキングNo.1

マイナビスタッフ 口コミ率

引用:マイナビスタッフHP

マイナビスタッフは「派遣スタッフ満足度調査」で有名な大手派遣会社を差し置いて、友人に勧めたい派遣会社No.1を受賞しています。

仕事紹介のサポートだけでなく、就業スタートした後のフォローも充実していることがわかりますね。

なべけん
未経験OKのクリエイティブ職は人気のため募集〆切が早い傾向があります!チャンスを逃さないために、まずは登録だけでも済ませておくようにしましょう!

【簡単】5分で申込完了!

今すぐ登録する

もっと詳しくマイナビスタッフについて知りたい人は、こちらで解説しているのでぜひ参考にしてください!

マイナビ 派遣 評判
マイナビスタッフ評判・口コミやばい?失敗しないクリエイティブ派遣転職【完全未経験OK】

派遣会社からバレずに副業をするポイントのまとめ

あらためてご紹介したポイントを確認しましょう。

まとめ

  • 副業は派遣先にバレてしまう可能性が高い
  • 確定申告の住民税を「自分で納付」でバレない
  • ほとんどの派遣会社が副業に寛容
  • 将来的に時給が上がるWeb系の副業がおすすめ

みなさんが安心して副業ができるきっかけになれば幸いです。

それでは失礼いたします。

  • この記事を書いた人

なべけん

キャリアカウンセラー(27)|大手人材派遣会社勤務のMVP表彰歴あるコーディネーターが、派遣登録から仕事探し・就業中・契約終了までポイントをわかりやすく解説しています

-働き方の疑問