登録から就業まで

育休復帰後に派遣が決まらない...保育園の退園を防ぐ3つの方法とは

たしかに、育休復帰の注意点は派遣会社から案内がなく分からないですよね。

もしかしたら、仕事を探しても思い通りに仕事紹介されず焦っているかもしれません。

結論、育休終了を迎える人がチェックするべきポイントは複数あります。

一日も早く対応しなければ復職ができなくなるため注意が必要です。

育休終了時に何をするべきかを育休スタッフ配属経験がある元大手派遣会社コーディネーターが解説します
なべけん
なべけん

派遣会社の育休終了時にすべき3つのコト

ご入園が決定したら安心もつかの間で、すぐに仕事探しをしなければ退園になってしまうこともありますよね。

派遣会社は仕事紹介をしてくれるだけなので、保育園のことや自治体のルールは自分で確認・把握しなければなりません。

これから紹介する3つのことは必ず早い段階で確認をしてください。

3つのポイント

  1. 在園の条件を確認
  2. 地域のサポート体制を探す
  3. 派遣会社へ仕事探しの依頼連絡

自治体へ在園の条件を確認

もし入園が決まった園が認可保育園の場合は、在園のために条件があります。

多くの育休明けスタッフ様とお話しましたが、条件は3つに分かれています。

在園条件のチェックリスト

  • いつまでに就業スタートが必要か
  • 就労証明書の提出期限
  • 1週間あたり何時間の勤務が必要か

これらをいずれも満たさなければ保育園に残れないので、聞き間違えのないようにしましょう。

【無期雇用のみ】自治体へ就業待機について確認

無期雇用の場合は、もし仕事に就けなかったときに「就業待機」となります。

自治体によっては、就業待機の期間が「在園の条件」として認められるケースがありました。

あらかじめ自分の自治体のルールを確認するようにしましょう。そのときに、3つのことを担当者へ伝えてください。

市役所へ伝える3つのこと

  • 就業待機は派遣会社との雇用契約がある
  • 就労証明書の発行ができる
  • 賃金(待機費用)が発生する

就業待機が在園の条件としてOKの場合は、このような良いことがあります。

就業待機が在園条件となる場合

実は育児休暇の終了日は、自分の意思で前倒しの終了をすることができます。

すると無期雇用の方は必然的に「待機期間」へ移行するため、賃金(待機費用)が発生し在園の条件を満たすことができるのです。

また派遣会社によっては、待機期間中は有給を使うこともできるので一定の収入を得ながら仕事探しもできます。

地域のファミリーサポートについて

正直にお伝えすると、育休明けの方が新しい仕事を探すことはハードルが高いです。

そのため、通勤が少し遠かったり残業が発生したりする仕事でも働けるように、ご家庭のフォロー体制は万全な状態にしましょう。

自分で就職活動を進める

登録している派遣会社で復職先を探してもらうだけでは、就業先が決まらないことも正直あります。

すると、保育園に預ける予定の人は退園になってしまいますよね。

それを避けるためには、登録している派遣会社以外にも仕事探しをすることが必須になります。

はじめにもお伝えしましたが、1日でも早く新しい派遣会社に登録することがおすすめですよ。

退園を避けるには「1件でも多くエントリー」をする必要があります

そもそも、希望の条件にマッチする求人は非常に少ないです。

さらに、あなた以外も同条件で求職しており、スキル不足だと選考落ちになってしまします。

つまり、退園や収入がなくなってしまうリスクが非常に高いです。

リクルートスタッフィングならリモート・時短求人が多く、退園せずに済む可能性が高いです。

とはいえ、働く意思がない状態で登録すると迷惑をかけてしまいます。

そのため、退園を避けたい人以外は、リクルートスタッフィングに登録しないでください!

復職に焦っている人は、「リクルートスタッフィング」へ今すぐに登録しましょう!

リクルートスタッフィング 時短

\たった3分でMyPage開設!/

今すぐ無料登録する

↑目次に戻る

入園決定の当日に派遣会社へ伝える5つのこと

繰り返しですが、産休・育休でブランクがある方へのお仕事紹介はハードルがかなり高いです。

1日でも早く仕事を探してもらう・紹介してもらうことが重要になります。

そのため、入園が決まった当日あるいは翌日までには必ず派遣会社へ連絡しましょう。

次に紹介することは、派遣会社へ連絡するときに伝えることです。

派遣会社へ伝えること

  • 入園予定日
  • 仕事スタートできる日
  • 在園のための条件(週30時間の拘束が必要など)
  • 希望の条件
  • 前職の復職ができるか確認依頼

保育園の入園予定日

保育園に入園する日程についてです。コーディネーターは入園日から「慣らし保育」の事情なども把握してくれます。

仕事スタートできる日

慣らし保育の期間が終わる日を伝えましょう。

仕事スタートできる日と、就労証明書の提出までの期間が短いと、仕事の件数が少なくなってしまいます。

そのためフォロー体制があれば、より早い日程で就業できることを派遣会社へ伝えてください。

在園のための条件

事前にご自身で自治体(市役所)に確認をした在園の条件を伝えます。

おそらくコーディネーターからも聞かれますが、漏れが合った場合には自分から言うようにしましょう。

はたらくお仕事の希望条件

お迎えの関係で、始業時間や終了時間・通勤範囲などの制約があると思います。

それらを具体的にコーディネーターへ伝え、希望の条件で働けるようにします。

ただし無期雇用の場合は配属指示のため、必ずしも希望に沿った条件でない仕事が提示されることもあります。

その際は、派遣会社と仕事の探し方を相談しましょう。

前職の復職ができるか確認依頼

育児休暇の取得前に勤務していた企業で、復職のポジションがある可能性もあります。

そのため営業担当に復職ポジションの有無を確認してもらいましょう。

もし担当者とコネクションがあっても、必ず派遣会社経由で確認をします。契約の話なので、自分で話すよりも営業担当の方がスムーズに進められますね。

また在園条件などを加味した希望の働き方に交渉してくれることもあるので、面倒なことは派遣会社へ任せましょう。

退園を避けるには「1件でも多くエントリー」をする必要があります

そもそも、希望の条件にマッチする求人は非常に少ないです。

さらに、あなた以外も同条件で求職しており、スキル不足だと選考落ちになってしまします。

つまり、退園や収入がなくなってしまうリスクが非常に高いです。

リクルートスタッフィングならリモート・時短求人が多く、退園せずに済む可能性が高いです。

とはいえ、働く意思がない状態で登録すると迷惑をかけてしまいます。

そのため、退園を避けたい人以外は、リクルートスタッフィングに登録しないでください!

復職に焦っている人は、「リクルートスタッフィング」へ今すぐに登録しましょう!

リクルートスタッフィング 時短

\たった3分でMyPage開設!/

今すぐ無料登録する

↑目次に戻る

退園を防ぐためにするべき3つのこと

やはり派遣会社だけが頼みとなると、お仕事が決まる可能性は高くありません。

そのためご自身でも就職活動をすると安心です。

退園を防ぐ3つの対策

  • 複数の派遣会社で仕事を探す
  • パートアルバイトで探す

複数の派遣会社で仕事を探す

複数の派遣会社へ登録すると、その分紹介の件数が増える可能性が高くなります。

またほとんどの派遣スタッフが3社以上の複数の派遣会社へ登録しているデータもあります。

1件でも多く紹介してもらえるように、登録会社を増やすことも選択肢の1つですね。

「リクルートスタッフィング」は特におすすめ

リクルートスタッフィング 時短

\たった3分でMyPage開設!/

今すぐ無料登録する

「リクルートスタッフィング」なら、受け入れ態勢が整っている大手求人を多数扱っていますよ。

またリクルートの高い営業力で、就業先へ「残業なしの交渉」などもしてくれるためおすすめですね。

なかなか仕事紹介されずに悩んでいる人も、まずは無料登録しましょう!

リクルートスタッフィング 時短

\たった3分でMyPage開設!/

今すぐ無料登録する

パート・アルバイトで探す

パートやアルバイトでも併せて仕事探しをしていると安心です。

派遣の求人は、1つの求人をコーディネーターが多数のスタッフ様にお仕事紹介をしています。

やはり例年3月は、入園が決まって仕事を探す方が増える印象があります。

つまり残業が少ない仕事に候補者が集まりやすい傾向があるということです。

そのため、派遣以外でも探しておくと内定のチャンスが増えますね。

アプリ名 特徴
マッハバイト

バイト決定で最大5万円
単発や高収入求人が多数
Timee(タイミー)

スキマバイトNo.1
お金は即日入金!
バイトル

総合No.1バイトアプリ
動画で職場チェック!

仕事が決まったら派遣会社へ連絡

育児休暇の期間は仕事ができない期間のため、それを派遣元へ伝えず就業すると違法になってしまいます。

また待機期間中であったとしても、Wワークを禁止している派遣会社も多いです。就業決定時は必ず派遣会社へ連絡しましょう。

そのときに派遣会社へは下記の対応について確認します。

  • 無期雇用の退職届について
  • 健康保険証の返却方法について

それぞれ対応方法を教えてくれるため、滞りなく対応するようにしましょう。

↑目次に戻る

【3つの理由】育休明けの無期雇用はやめておけ

育休明けの方が無期雇用の派遣を継続することは、正直あまりおすすめできません。

その理由について、3つのポイントをご紹介いたします。

3つの理由

  • 仕事が選べない
  • 育児時短勤務制度が使いづらい
  • 無期雇用はフルタイムがほとんど

仕事が選べない

無期雇用は雇用の確保が最優先のため、仕事紹介を断ることができません。

そのため、やむを得ず残業が発生する仕事の紹介がされることもあります。「土日祝日を含むシフト制の求人」なども紹介の対象となります。

これらのお仕事で働ける前提となるのが無期雇用なので、派遣会社との相談が必要になりますね。

無期雇用派遣でも派遣登録してOKです。リクルートスタッフィングなどワーママ支援が充実派遣会社に登録しておくのがおすすめです
なべけん
なべけん

育児時短勤務制度が使いづらい

育児時短勤務制度によって、育児休暇明けの方が希望する場合には「時短勤務」が義務付けられています。

しかし派遣の場合は、勤務条件を理由に社内選考で落とされてしまうことが多いのが事実です。

やはり派遣求人の性質上、即戦力の人材を求めるため「残業に対応できなきゃ困る」や「急に休まれたら困る」という募集の条件が多いです。

そのため制度の利用を希望する方は、そもそも就業の前の社内選考で通りづらくなってしまうのです。

無期雇用は基本フルタイム勤務

無期雇用の方へ紹介するお仕事は、派遣会社が取り扱う求人のすべてが対象です。

派遣求人の多くはフルタイム勤務なので、17:00定時の求人は少ない傾向があります。

また無期雇用の就業規則によっては、フルタイムのみの紹介となることも。

その場合は、そもそも紹介の対象となる求人が「働けない条件」の可能性もあるため、就業規則を熟読しコーディネーターと相談するようにしましょう。

退園を避けるには「1件でも多くエントリー」をする必要があります

そもそも、希望の条件にマッチする求人は非常に少ないです。

さらに、あなた以外も同条件で求職しており、スキル不足だと選考落ちになってしまします。

つまり、退園や収入がなくなってしまうリスクが非常に高いです。

リクルートスタッフィングならリモート・時短求人が多く、退園せずに済む可能性が高いです。

とはいえ、働く意思がない状態で登録すると迷惑をかけてしまいます。

そのため、退園を避けたい人以外は、リクルートスタッフィングに登録しないでください!

復職に焦っている人は、「リクルートスタッフィング」へ今すぐに登録しましょう!

リクルートスタッフィング 時短

\たった3分でMyPage開設!/

今すぐ無料登録する

↑目次に戻る

まとめ:自分がすべきことを把握しよう

あらためて内容をおさらいしましょう。

  • 自治体の在園条件を確認しよう
  • 待機期間が在園の条件になるか確認しよう
  • 派遣会社へすぐに連絡しよう
  • ご自身でも就職活動をすると安心

ご自身で「やること」が多く大変だと思います。

また分からずに不安なことも多いはずなので、疑問はすぐに派遣会社・自治体へ確認するようにしましょう。

ただし、退園を防ぐためには仕事探しを並行でする必要もありますよね。

人によっては3ヶ月以上も転職活動にかかる場合もあるので、まだ登録している派遣会社数が少ない人は、追加登録を検討しましょう。

リクルートスタッフィング 時短

\たった3分でMyPage開設!/

今すぐ無料登録する

↑目次に戻る

-登録から就業まで