派遣求人・仕事探し

50代派遣やばい・仕事ない?使えない厳しい現実とは

たしかに、30代や40代に比べると50代はスキルがないと厳しいと聞きますよね。

中には、50代になって実際に仕事紹介がされず悩んでいる人もいるかもしれません。

結論、50代でも活躍している派遣スタッフはとても多いです。

ただし、お仕事は少ないので、本文で紹介する対策を徹底しましょう。

50代が派遣で就職するコツをキャリアコンサルタントが解説します
なべけん
なべけん

この記事でわかること

  • 50代は経験者が重視になる
  • スキルに自信ない人は【ランスタッド】がおすすめ
  • 派遣会社との関係性が紹介に繋がる

「ランスタッド」なら50代でも優良求人が紹介される!

50代は派遣会社選びを間違えると、ブランクや時給ダウンにつながります。

「ランスタッド」なら年齢不問の求人が多く、ブランクを避けられますよ。

ただし、年齢不問求人は即クローズするため、登録だけ済ませておきましょう。

ランスタッド

\たった1分で申し込み完了!/

今すぐ無料登録する

公式HP:https://www.randstad.co.jp/

50代派遣やばい?使えない・仕事ない7つの理由

上司との人間関係が懸念される

50代になると上司が自分よりも若いことがありますよね。

仕事をする上で問題ないのですが、派遣先の指揮命令社が気にすることが多いです。

そのため、40代以下の人が募集されることが多く、50代になると求人が少なくなる傾向があるのです。

体力面と怪我を気にされる

若手に比べると体力が落ちて怪我をしやすくなってしまうことは事実ですよね。

このようなことを気にして採用に後ろ向きになってしまいます。

実務で軽作業など身体を使う仕事が発生しなかったとしても、プライベートで怪我をすると仕事に支障ができますよね。

なので、仕事内容とは関係なく年齢という理由で積極採用は減ってしまいます。

老眼でパソコンが見えないと思われる

事務職では1日中パソコンを使う仕事になりますよね。

老眼で目が見えないとなると、仕事にミスにつながってしまいます。

ミスが多くなると、他の人からのチェックなどで仕事が二度手間になることもあるので、大きな懸念点になってしまうのです。

定年までの期間が限られている

派遣としては60歳になっても働くことができます。

しかし、一般的なイメージとして60歳に定年退職をするイメージがありますよね。

そのため、20年以上はたらける20代・30代が採用されやすいのです。

法律では年齢を採用条件にすることは禁止されていますが、やはり年齢は採用条件のひとつになっています。

参考:「厚生労働省 年齢制限禁止パンフレット」

吸収力がないと思われる

50代になると新しいことを覚えるハードルが高くなる人が多く、若手に比べると吸収力がないという印象があります。

そのため若手の採用が中心となり、50代の採用が減ってしまうのです。

雇用期間が限られている

50代の派遣社員が厳しいと言われる理由は、企業が採用へ消極的になることだけでなく、派遣社員にとってもマイナス評価があります。

雇用期間について考えると、正社員は無期雇用ですが派遣社員は3年満期の有期雇用です。

転職活動を余儀なくされる働き方なので、正社員に比べると不安定な働き方とされています。

正社員に比べると低収入になる

雇用が安定していないだけでなく、一般的に派遣社員の給料は正社員よりも低収入です。

そのため、定年後に生活できる貯金をするハードルが高く、待遇が良くないことも懸念されていますね。

参考:「厚生労働省 労働者派遣事業報告書」

「ランスタッド」に登録すれば50代でもブランクなしで働ける

ランスタッド

\たった1分で申込完了/

今すぐ無料登録する

あたらしく派遣会社の登録は面倒ですよね。

しかし、派遣会社を増やさなければ、ブランクができて時給ダウンの可能性があります。

「ランスタッド」のように「年齢を気にしない外資求人が多い派遣会社」へ登録すれば、収入ダウンが避けられるのです。

事務なら外資でも成果は求められません!
なべけん
なべけん

ただし、50代OKの求人は即クローズするため、登録だけ済ませるのがおすすめです。

収入を減らしたくない人は、「ランスタッド」へ無料登録の申込をしましょう。

ランスタッド

\たった1分で申込完了/

今すぐ無料登録する

「ランスタッド」の登録はオンラインなのでスキマ時間でOKです!
なべけん
なべけん

↑目次に戻る

50代派遣やばい?使えない・仕事ないの解決策5選

残念ながら49歳と50代では仕事探しのハードルが一気に変わり厳しくなります。

ですが、ご紹介する「4つのポイント」を意識し仕事探しをすると、継続的な仕事の紹介を受けることもできます。

lookup関数をできるようにする

紹介が少なくなる要因の1つに、50代になると求められるスキルのハードルが一気に上がることも挙げられます。

50代に必要と考えられているラインが、ExcelのLOOKUP関数なのです。特に事務職などのデスクワークでは、Excelの使用頻度がどの職場でも高いです。

40代でもLOOKUP関数の経験がある方は少なく、経験のある50代の方を派遣先へ紹介することは非常に多いです。

これができるようになると、紹介数が一気にUPするチャンスがあります。

使用経験がない方は2つのステップに分けて理解することがおすすめです。

機能を理解する

まずはLOOKUP関数がどのような働きをするのか理解するようにしましょう。

「機能を知っている」と「知らない」では天と地の差です。まずは参考書・インターネット・Youtubeでも良いので、知識を増やせるようにしましょう。

Excelで作成してみる

機能の全体を知ることができたら、実際に自分で作成してみましょう。

やはり自分で作成をしないとカンペキに理解をすることはできません。Microsoftのホームページから無料でExcelを使えるので、実践してみましょう。

「ランスタッド」登録者なら完全無料Excel研修を受けられますよ
なべけん
なべけん

複数の派遣会社へ登録する

5つのポイントの中で最も重要なことが、複数の派遣会社に登録することです。

複数登録をすることによって、このようなメリットがあります。

  • 紹介の幅が広がる
  • 時給の交渉がしやすくなる
  • 相性の良い営業が見つかりやすくなる

派遣会社の目線で考えると、他社登録をしていると他社で就業決定する可能性が高くなるので、避けてほしいと考えるほど仕事探しに効果があります。

こまめに派遣会社へ連絡する

3日に1回は派遣会社と連絡を取るようにしましょう。

「連絡する頻度多い!」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。ですが連絡をマメに取ることで、就業に繋がりやすくなるのです。

  • 電話がつながりやすい=就業チャンスが多い
  • 就業意欲の高さをアピールできる

電話が繋がりやすい=就業チャンスが多い

派遣会社は連絡が繋がりやすい方を優先して、紹介の電話をする傾向があります。

理由は2つで、①1分でも早く候補者を選出したい、②エントリー後に連絡が取れなくなると困るためです。

やはり競合他社より優位になるためには、より早く候補者の選出をしなければなりません。そのため電話が繋がりやすい状態にしておくことはマストとも言えます。

そして、エントリー後に連絡が取れなくなってしまう方は以外にも多いのです。

職場見学の調整ができた後に、連絡が繋がらなくなるとクライアントにも迷惑をかけてしまいます。

就業意欲の高さをアピールできる

定期的に「紹介できる仕事がないか」を連絡することで、就業意欲の高さをアピールすることができます。

連絡が一定期間つながらないと、「他社で決まってしまったのか」と勘違いされてしまうこともあるのです。

自分からチャンスを逃さないように、こまめに連絡をするようにしましょう。

連絡をするときの注意点が一つあり、作業的に電話するのではなくハキハキとコミュニケーションを取るようにしましょう。

電話の対応は選考結果を左右するほど重要です。

どんなにマメに連絡しても、対応が良くないと紹介すらされなくなることも。そうならないためにも、ハキハキと話すようにしましょう。

希望の条件を広くする

経験を活かせる仕事があれば良いですが、50代になると求められるスキルのハードルが一気に上がります。

今まで担当した仕事に絞ってしまうと、お仕事紹介の機会を狭めてしまうことになってしまうことも。

そのため、できるだけ色々な仕事にチャレンジしてみると紹介が受けやすくなります。

コールセンターがおすすめ

多くの方が嫌悪感を示す職種の1つにコールセンターがあります。

実はコールセンターは未経験から始められる募集も多く、おすすめの仕事なのです。

一度でも経験をすれば、経験者として時給も上がりやすく長期的に考えてもプラスになります。

シフト制のお仕事

土日のお休みを優先して仕事探ししている方はやはり非常に多いです。

そのためシフト制のお仕事の紹介が可能になるだけでも、紹介の幅が一気に広がります。

紹介数が少なく悩んでいる方は、希望条件を一度見直してみてはいかがでしょうか。

短期や単発の仕事も受ける

できるだけ長期のお仕事で少しでも安定して働きたいと思いますよね。

たしかに長期のお仕事の方が長くはたらける可能性があります。

しかし、長期のお仕事にこだわりすぎると、仕事紹介が受けられなかったり、ブランク期間ができてしまったりマイナス影響が大きいです。

そのため、できるだけ期間はこだわらずに、短期や単発の仕事の紹介も受けるようにすると、将来的に長期のお仕事を紹介される可能性が高くなりますよ。

「ランスタッド」なら、他社は扱っていない単発求人も豊富にありますよ
なべけん
なべけん

ランスタッド

\たった1分で申込完了/

今すぐ無料登録する

↑目次に戻る

50代派遣やばい?仕事ない・決まらない人の解決策

ここまで紹介したポイントを意識すれば、仕事の紹介は確実に増えていきます。

ですが大切なのは、1回の仕事紹介だけでなく一度働いた後も継続的に仕事紹介をしてもらうことですよね。

ここからは継続的に仕事紹介をしてもらうためのポイントを解説いたします。

無期雇用転換を検討する

無期雇用へ転換をすると、派遣会社の社員になるため配属先として仕事の紹介を必ず受けることができます。

もし仕事が決まらずに契約期間の終了を迎えてしまったら、待機補償費として休業補償費が支払われるのです。それ以外にもこのようなメリットがあります。

無期転換のメリット

  • 継続的な仕事紹介が受けられる
  • 未就業期間中も補償費が出る
  • 3年満期が撤廃される

ただし希望した人全員が無期転換をできるわけではありません。

転換するためには条件があります。詳しく知りたい人はこちらを参考にしてください!

「ランスタッド」は無期雇用社員(アソシエイト社員)の実績多数で、無期雇用転換サポートも安心です
なべけん
なべけん

50代で6ヶ月以上の事務職歴をつくる

同じ職場で長期間働いている方の方が、社内選考が進みやすいです。

長期就業の期間の目安が6ヶ月以上とされることが多いのです。

では具体的なポイントを見てみましょう。

6ヶ月未満の経歴が多いと、選考ハードルが高い

派遣求人の多くは3年満期の長期なので、同じ職場で3年以上働いた経歴がある方が優遇されます。

経歴が6ヶ月未満の職歴が続く場合には、選考のハードルが高くなる傾向があります。

派遣会社の長期就業に対する不安感などが影響してしまう結果です。

無理のない範囲でですが、まずは6ヶ月以上の就業を目指しましょう。

もともと短期の場合は、早めの転職活動を

契約期間を守った上で、早めに転職活動をしましょう。

やはり選考のハードルが高く、就職活動に時間がかかるケースがあります。

契約期間が分かったタイミングで、仕事を探し始めることがオススメです。

なべけん一言アドバイス
なべけん
なべけん

50代は派遣会社選びが重要だとご存知でしょうか。

派遣会社によって、紹介している求人の特徴が異なります。50代で活躍できる代表的な求人は、非営利団体や外資系企業が挙げられます。しかし、非営利団体は人気なので、スキルある50代が採用されてしまうのです。そのため、外資系企業の求人にも積極的にエントリーするのがおすすめですよ。事務職などの紹介であれば、外資系でも成果重視ではないので安心してください。

外資系求人は、外資系派遣会社である「ランスタッド」が取り扱っています。まだ「ランスタッド」から紹介を受けていない人は、ブランクを作らないためにも登録を済ませておきましょう。

時給が高くない求人にもエントリーする

紹介されるお仕事の時給が下がってしまうと、生活を圧迫してしましますよね。

たしかに短期的に見ると収入が減ってしまいます。

しかし、派遣先によっては就業スタート後に昇給がしやすいこともあります。

そのため、紹介時は時給が下がってしまっても、時給が上がりやすい仕事であれば積極的に仕事紹介を受けるようにしましょう。

4社以上の派遣会社に登録する

登録する派遣会社数が増えると、管理が面倒になりますよね。

しかし、登録社数を増やすだけで、紹介される求人数が一気に増えますよ。

登録している派遣会社数が3社以内であれば、あたらしく派遣会社に登録がおすすめです。

なべけん一言コメント

なべけん
なべけん

派遣会社の複数登録は、派遣会社が最もイヤがる対策

つまり仕事を探す人にとっては、「紹介される仕事が増える」や「時給の交渉がしやすくなる」などのメリットばかりです。

下記のデータから分かるとおり、派遣スタッフとして活躍している人の多くが4社以上に登録をしていますよ。

まだ登録している派遣会社数が4社未満であれば、仕事のミスマッチや時給などで損をしている可能性もあります。

後悔しないためにも、まずは派遣会社への登録からおこないましょう。

派遣会社 複数登録

↑目次に戻る

50代派遣やばい?仕事ない・決まらないならランスタッドがおすすめ

ランスタッド

\たった1分で申込完了/

今すぐ無料登録する

「ランスタッド」は正社員転職や製造派遣なども提供している総合人材会社です。

3つのおすすめ理由

  • 登録者が少なく選考が通りやすい
  • 在宅勤務できる求人が多い
  • 友だちに勧めたい!口コミNo.1

登録者が少なく選考が通りやすい

テンプスタッフやスタッフサービスなどの業界最大手の派遣会社は登録者が多いので、エントリー候補者が多くなります。

そのため求人募集から職場見学までの時間が短く、派遣会社からの連絡を逃すとエントリーができなくなることすらあります。

「ランスタッド」は大手他社に比べると登録者数が少ないため、社内選考に通過しやすい特徴があります。

在宅勤務できる求人が多い

ランスタッド おうち派遣

\たった1分で申込完了/

今すぐ無料登録する

「ランスタッド」は大手派遣会社で唯一、全国どこからでも働ける在宅派遣を用意しています。

他の企業は「完全在宅(出勤なし)」の求人でも、居住地でなければ紹介してもらえません。

「ランスタッド」は全国どこからでも在学求人であればエントリーできるのです。

そのため、地方在住であっても都心の高時給求人へエントリーできるチャンスがありますよ。

友だちに勧めたい!口コミNo.1

ランスタッド 口コミ

\たった1分で申込完了/

今すぐ無料登録する

ランスタッドは「第32回派遣スタッフ満足度調査」で口コミランキング第1位を獲得しています。

友だちに勧めたいという評価は、仕事紹介の満足度だけでなく、就業スタート後のフォローが充実していないと得られない評価ですよね。

そのため、安心してはたらくことができますよ。

ランスタッド

\たった1分で申込完了/

今すぐ無料登録する

↑目次に戻る

【まとめ】50代派遣やばい?使えない・仕事ない・決まらない現実

あらためて厳しいと言われる50代で仕事紹介をしてもらうためのポイントをご紹介いたします。

まとめ

  • 複数派遣会社へ登録する
  • ランスタッドの登録がおすすめ
  • 3日に1回は派遣会社へ連絡をとる
  • コールセンターやシフト制なども検討する
  • 継続紹介のためには無期雇用も検討する

みなさんの仕事探しのお役に立てたら幸いです。

それでは失礼いたします。

ランスタッド

\たった1分で申込完了/

今すぐ無料登録する

↑目次に戻る

-派遣求人・仕事探し