検索方法

失敗しない派遣の求人検索のポイント◇紹介実績1000名以上のコーディネーター解説

派遣・お仕事検索

こんなことが分かる

  • どのようにお仕事検索すれば効率がいい?
  • 検索するときに注意するべきことは?
  • エントリーしても進まないときの対処法は?

 

このようにお仕事検索について「悩み」や「もどかしさ」を感じている人へお届けいたします。

 

はじめまして、なべけん(@yochi_career)と申します。

大手人材派遣会社のコーディネーターとして、今までに1000名以上の就業機会に携わっています。

 

スマホ1つあれば、いつでも・どこでも求人サイトでお仕事を調べられますが、検索方法に注意をしないと時間をムダにしてしまうこともあります。

 

この記事では、「お仕事検索のコツ」と「時間をムダにしない検索方法」をご紹介いたします。

 

失敗しない派遣求人検索4つのポイント

 

4つのポイント

  • 求人検索は派遣会社のサイトから調べる
  • 複数の派遣会社で求人検索する
  • 求人検索に時間をかけすぎない
  • 検索ワードランキングから求人を調べる

 

求人検索は派遣会社のサイトから調べる

 

「リクナビ派遣」などの派遣求人サイトよりも、各派遣会社のホームページの方が掲載されているお仕事の件数が多いのを知っていますか。

 

求人サイトと自社サイトの求人数を見てみましょう。

 

派遣求人の比較

 

この図を見て分かる通り、求人数に倍以上の差がありますね。そのため派遣会社のホームページから求人の検索をするのがおすすめですね。

 

各社サイトからのエントリーは登録が必須

 

正社員やアルバイトの仕事探しとは異なり、派遣求人へのエントリーには派遣会社への登録が必須となっています。

 

そのため気になるお仕事が数件掲載されていたら、登録をするようにしましょう。

 

安心して働ける派遣会社はランキングで紹介しています!

 

CHECK!
派遣会社おすすめランキング
1000名以上の紹介実績コーディネーターの厳選◇事務職の派遣会社ランキング

続きを見る

 

複数の派遣会社で求人検索する

 

このポイントは応用編ですが、2つのポイントを意識するとより良い条件で就職できる可能性があります。

 

他社からの方が決まりやすいことがある

 

実は派遣で就職するためには、派遣先と派遣会社の信頼関係が非常に重要なのです。

 

そのため同じ求人であっても決まりやすさは派遣会社によって異なるということですね。

 

派遣社員が多く活躍しているときは、どの派遣会社の派遣スタッフが多いのかまで確認するようにしましょう。

 

他社の方が時給が高い可能性がある

 

「同一労働同一賃金」と言われていますが、実は派遣会社によって採用している方針が異なるので、時給や福利厚生が異なることがあります。

 

そのため、同じお仕事でもどの派遣会社からエントリーするのかを注意してみましょう。

 

もし複数の派遣会社に登録していなければ、複数登録がおすすめなのでこちらをチェック!

 

CHECK!
派遣会社・複数・登録
複数・掛け持ち派遣登録しないと8万円の損?3社登録のメリットこっそり教えます

続きを見る

 

求人検索に時間をかけすぎない

 

効率的に検索するためにはどうすればいい?

 

結論からお伝えすると、選考に進みづらいことが多いためお仕事検索にかけた時間がムダになってしまう可能性もあるのです。

 

そのため時間をかけすぎずにお仕事検索をするのが、効率的な検索方法になります。

 

時間をかけすぎるとNGな理由は、このようなことが挙げられます。

 

  • 釣り求人の可能性がある
  • サイト掲載のお仕事は倍率が高い
  • 掲載時点でエントリー多数の可能性あり

 

では、それぞれの理由を具体的に見てみましょう。

 

釣り求人の可能性がある

 

本来は違法ですが、派遣会社への登録を促すための求人を掲載していることがあります。

 

釣り求人の見分け方を知りたい人は、今すぐこちらをチェック!

 

派遣・求人広告
紹介実績1000名以上◇釣り求人の見分け方を派遣コーディネーターが徹底解説

続きを見る

 

サイト掲載のお仕事は倍率が高い

 

企業のサイトに掲載するお仕事はどのような特徴があると思いますか。

 

派遣会社が取り扱っている求人すべてを掲載することはできないので、ピックアップされた求人情報を見ることになります。

 

このピックアップする基準の1つに「多くの人が興味を持ってもらえる求人か」が考えられます。

 

エントリーされやすい求人の掲載ばかり

 

つまりサイト掲載のお仕事はエントリーが集まりやすく、選考通過するハードルが高い傾向があるということです。

 

そのため時間をかけてお仕事を検索をしても、候補者多数でエントリー募集をクローズしていることもあるので時間をかけすぎることはおすすめではありません。

 

ポイント

  • サイトのお仕事はエントリーが集まりやすい求人ばかり
  • エントリーが集まりやすいと倍率も高くなる

 

掲載時点でエントリー多数の可能性あり

 

システム上の都合で求人募集の依頼をされてから、サイトに掲載されるまで時間差がどうしても発生してしまいます。

 

この掲載されるまでの時間に、コーディネーターはすでに仕事紹介を始めているため、掲載時点で候補者が集まっていることもあるのです。

 

その結果、このような2つの影響が出てきてしまいます。

 

  • 掲載されていてもエントリーできないことあり
  • 別の候補者ですでに選考が進んでいることあり

 

この2つについて具体的に見てみましょう。

 

候補者多数でエントリーができない可能性あり

 

募集人数に対してエントリー希望者が多くなると、募集を一時クローズすることがあります。

 

たとえば1名募集に対して10名以上のエントリーが集まると、選考に時間がかかるだけでなく、エントリー者への結果連絡もスムーズでなくなってしまいます。

 

そのため、お仕事検索に時間をかけてしまうのは要注意ですね。中には「釣り求人」と思われるお仕事もあるので、見分け方・注意点を知りたい人はこちらをチェックしましょう。

 

CHECK!
派遣・求人広告
紹介実績1000名以上◇釣り求人の見分け方を派遣コーディネーターが徹底解説

続きを見る

 

すでに別の人で選考が進んでいる

 

またエントリーできたとしても、すでに別の候補者で選考が進んでいることも少なくありません。

 

派遣の顔合わせに参加できる人数は募集人数だけなので、別の人の選考結果次第での結果連絡になってしまうのです。

 

エントリーの件数に制限がある派遣会社では、マイナスの影響が出てきてしまうので注意しましょう。

 

ポイント

  • ネットで検索しても一部の求人しか調べられない
  • サイトには掲載していない求人が多数ある

 

検索ワードランキングから求人を調べる

 

自分が希望している仕事だけに絞って探していると、就職するまでに時間がかかってしまうこともあります。

 

そのため「募集が多いお仕事」を知っておくだけで、お仕事検索の効率が一気に改善されることもありますね。

 

また効率だけでなく、決まりやすさにも影響してくることがあるのです。

 

検索ワードトップ=募集人数が多い可能性あり

 

注目の求人は多くの人がネットで目にしたり、話を聞いて検索していることが多いです。

 

多くの人が見聞きするということは、幅広く募集している可能性も高いので注目するようにしましょう。

 

たとえばコロナウイルスが流行したときには、補助金・ワクチン接種に関する事務が「注目キーワード」に挙がってきていました。

 

>>リクナビ派遣で「注目のキーワード」を調べる

 

ポイント

  • 検索ワードトップの仕事は求人数が多い傾向あり
  • 求人数が多い=決まりやすい可能性がある

 

派遣求人を検索した後のポイント

 

ここまで検索の注意点・コツをご紹介しましたが、興味のあるお仕事に「エントリーするだけ」では希望の仕事への就職へはつながりません。

 

電話で求人にエントリーできるか問い合わせる

 

サイト上からエントリー・応募ができますが、ご説明したとおりエントリーできないこともあります。

 

そのため気になるお仕事があったら、派遣会社に電話で直接問い合わせましょう。

 

問い合わせの方法は、これからご紹介するトークスクリプトを参考にしてみてください。

 

トークスクリプト

 

問い合わせる前に「お仕事番号」を控えておいてください。

 

派遣会社は求人情報を番号で管理しているため、条件や企業名を伝えても求人の特定ができないことがあります。

 

お仕事番号だけ用意すれば簡単に問い合わせられるので、下記を参考に連絡してみましょう。

 

トークスクリプト

お世話になっております、登録スタッフの〇〇と申します。

ネットに掲載されている求人について問い合わせのご連絡を致しました。

 

このようにお伝えすれば、担当に電話をつないでくれるので気軽に問い合わせてください。

 

ポイント

  • 気になる求人は電話で問い合わせる
  • お仕事番号だけ手元に控えておく

 

サイト非公開の求人が多い

 

実はあえてサイトに掲載していない求人が多数あるのをご存知ですか。

 

どの会社にも非公開の求人はあり、かつ、非公開求人の数は非常に多いです。

 

なぜサイトに公開していない求人があるのでしょうか。

 

競合他社にバレないように非公開

 

ネットに掲載すると、求人募集をしている企業の情報が他の派遣会社にも見つかってしまいますよね。

 

そうすると、競合他社の派遣スタッフで採用が決まってしまう可能性もあります。

 

自社の派遣会社を紹介するために、あえてサイト非公開にしているのです。

 

そのためネット上でお仕事検索をしても一部のお仕事しか見ていないので「検索に時間をかけるのがもったいない」というのが正直な感想です。

 

同時並行で複数のエントリーをする

 

ご紹介したとおり、求人検索で出てくる求人は人気の求人であることがほとんどです。

 

そのためどんなに魅力的な求人であっても、固執してしまうと就業決定がどんどん遅くなってしまいます。

 

そうならないためにも、エントリーしたものの結果を待ちつつ、複数並行で選考を進めることがおすすめです。

 

まとめ:お仕事検索を活用して希望の仕事を見つけよう

 

いかがでしたか。

あらためてご紹介したポイントを確認しましょう。

 

  • お仕事検索には時間をかけすぎない
  • 気になるお仕事は直接問い合わせる
  • 検索ワードランキングをチェックする
  • 派遣会社によって決まりやすさが変わる

 

少しでもお力になれたら幸いです。

それでは失礼いたします。

-検索方法