派遣社員とは

退職代行やばい?派遣も使えるおすすめランキング10社比較

派遣会社おすすめ度退職成功率料金公式HP
ガーディアン
退職代行ガーディアン
(5.0 / 5.0)

労働組合運営
組合が会社と交渉
相談回数無制限
100%29,800円
適法交渉込みで最安クラス

公式HP

わたしNEXT
(4.5 / 5.0)

労働組合運営
女性が選ぶNo.1
創業16年
100%29,800円
適法交渉込みで最安クラス

公式HP

SARABA
退職代行SARABA
(4.0 / 5.0)

労働組合運営
有休消化成功率98%
実績6,000件以上
100%24,000円
業界最安値クラス

公式HP

ヤメドキ
(4.0 / 5.0)

実績10,000件以上
100%24,000円(税込)
業界最安値クラス

公式HP

ネルサポート
退職代行ネルサポ
(4.0 / 5.0)

労働組合運営
実績5,000件以上
100%22,000円
適法交渉込みで最安

公式HP

退職代行Jobs
(4.0 / 5.0)

転職サポートあり
後払いOK
100%27,000円
※別途労働組合費2,000円
弁護士監修で比較的安価

公式HP

こんな方におすすめ

  • 今の職場からすぐにでも抜け出したい
  • やばい退職代行を選んで失敗したくない
  • 有給や退職金など貰って退職したい

たしかに、営業担当によっては辞めさせてくれず、やりたくない仕事を続けざるを得ないこともありますよね。

退職代行選びで失敗したくない人は、おすすめランキングトップ5から選べば後悔せずに退職できますよ。

退職成功率100%や退職支援実績があるだけでなく、運営母体がきちんとしているため、問題があったときにもきちんと対処してくれます。

ただし、自分が何を希望するのかによって使うべき退職代行が異なるため注意しましょう。

おすすめの退職代行ランキングを、キャリア相談実績100名以上のキャリアコンサルタント「なべけん」が解説します
なべけん
なべけん

退職代行 ガーディアン 評判 やばい

\ 当サイトおすすめNo.1/

今すぐ無料相談する

相談後に利用しなくてもOK!

【退職代行やばい?】3種類の退職代行とは

退職代行といっても、運営母体によって3種類に分かれます。

法律上、この3種類によってサービス内容が異なりますよ。

そのため、どのようなサポートを希望するかによって、どのような組織が運営しているサービスを利用するかを検討する必要があります。

  費用 内容 サービス例
弁護士 50,000円〜 伝達・交渉・法的措置 弁護士法人みやび
労働組合 20,000〜30,000円 伝達・交渉 退職代行ガーディアン
退職代行SARABA
わたしNEXT
一般企業 20,000円程度 伝達のみ 辞めるんです
退職代行Jobs
退職代行ニコイチ
ただし、退職をするだけでは損害賠償請求などされることはないため、労働組合が運営するサービスを使う人が多いですよ
なべけん
なべけん

【退職代行やばい?】おすすめランキング10社比較(派遣OK)

退職代行おすすめ

おすすめ退職代行ランキングトップ5社比較

退職代行会社 総合評価 退職成功率 料金 料金の手頃さ ポイント HP
第1位:ガーディアン
退職代行ガーディアン

5.0 100% 29,800円
※追加料金なし
適法交渉込みで最安クラス 労働組合運営
労働組合で会社と交渉OK
相談回数無制限
第2位:わたしNEXT

4.9 100% 29,800円
※追加料金なし
適法交渉込みで最安クラス 労働組合運営
女性が選ぶNo.1
創業16年
第3位:SARABA
退職代行SARABA

4.8 100% 24,000円
※追加料金なし
業界最安値クラス 労働組合運営
有休消化成功率98%
実績6,000件以上
第4位:ネルサポート
退職代行ネルサポ

4.7 100% 22,000円
※リピーター割あり
適法交渉込みで最安 労働組合運営
実績5,000件以上
第5位:Jobs

4.6 100% 27,000円
※別途労働組合費2,000円
弁護士監修で比較的安価 転職サポートあり
後払いOK(審査あり)
第6位:ニチロー

4.6 100% 28,000円 労働組合運営 無料相談あり

転職相談あり

第1位:退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン

  • 労働組合が運営
  • 即日対応
  • 24時間365日対応可

退職代行ガーディアンは東京労働経済組合が運営しており、法適合サービスとして企業との交渉などもおこなっています。

退職後の備品の返却についても郵送対応ができるため、会社とのやりとりをする必要が一切ありませんよ。

期間内であれば、電話・LINEで相談を無制限にできるため、安心してサービス利用をすることができますね。

\ 24時間相談OK!/

今すぐ無料相談する

相談後に利用しなくてもOK!

第2位:わたしNEXT

  • 女性が選ぶ退職代行No.1
  • JRAA(日本退職代行教会)より「特級認定」
  • リピート率No.1

「わたしNEXT」は労働組合が運営する、女性向け退職代行サービスです。

数々のNo.1を受賞しており、1度使った人もリピートするほど評判が良いサービスですよ。

\ 24時間LINEで相談OK!/

今すぐ無料相談する

相談後に利用しなくてもOK!

第3位:退職代行SARABA

退職代行SARABA

  • 労働組合が運営
  • 即日対応
  • 24時間365日対応可
  • 返金保証あり

「退職代行SARABA」は労働組合が運営している、業界最安値クラスのサービスです。

残業代の申請や有給取得などのサポートが充実しており、退職で損をすることがなく安心ですよ・

\ 24時間相談OK!/

今すぐ無料相談する

第4位:退職代行ネルサポート

退職代行ネルサポ

  • 労働組合が運営
  • 即日退職OK
  • 料金22,000円で業界最安クラス

\ 24時間LINEで相談OK!/

今すぐ無料相談する

相談後に利用しなくてもOK!

第5位:退職代行Jobs

  • 弁護士監修サービス
  • 対応現金後払いができる
  • 24時間対応可

「退職代行Jobs」は、顧問弁護士が監修しているサービスです。

無料で有給休暇の姿勢サポートを受けることもできますよ。

他にも転職サポートや引越しサポートなどもおこなっています。

\ 24時間相談OK!/

今すぐ無料相談する

相談後に利用しなくてもOK!

第6位:退職代行ニチロー

  • 労働組合運営
  • 365日24時間全国対応OK
  • LINE・電話・メールで相談OK

「退職代行ニチロー」は、無料相談を受けることもできますよ。

申込後1年間サポート付きで、無料で転職相談もおこなっています。

\ 24時間相談OK!/

今すぐ無料相談する

相談後に利用しなくてもOK!

退職代行ランキングトップ5社以外おすすめ比較(派遣OK)

おすすめ退職代行

退職代行ニコイチ

  • 弁護士監修サービス
  • 創業17年以上
  • 累計30,000名以上が利用

退職代行ニコイチの詳しい評判は【退職代行ニコイチの評判は悪い?|転職サポート職ピタ】をチェックしてください。

弁護士法人みやび

弁護士法人みやび 評判

  • 弁護士が運営
  • 24時間LINEで相談OK
  • 着手金55,000円

詳しい評判を知りたい人は【弁護士法人みやびの評判(利用者38名の口コミあり)|キャリア図鑑】をチェックしてください。

退職のススメ

退職のススメ 評判

  • 弁護士監修
  • 人材会社が運営
  • 24時間相談OK

退職代行TORIKESHI

退職代行torikeshi 評判

  • 労働組合が運営
  • 24時間LINEで相談OK
  • 相談回数無制限

辞めるんです

辞めるんです 評判

  • 弁護士監修サービス
  • 24時間365日LINEで相談可
  • 後払いOK

「辞めるんです」は、顧問弁護士監修のサービスです。

退職後の書類提出のサポートもおこなっており、手続きを安心して進められます。

【タイプ別比較】おすすめ退職代行ランキング(派遣OK)

タイプ別の選び方

  • 安価で実績がある退職代行を使いたい人
  • 退職代行でトラブルに巻き込まれたくない人
  • 今すぐに退職をしたい人

安価で実績がある退職代行を使いたい人

「退職代行ネルサポート」は労働組合が運営する退職代行で業界最安値22,000円(税込)で、少しでも安く退職代行を利用したい人におすすめです!

もちろん、実績は5,000名以上で豊富なので安心して利用できますよ

なべけん
なべけん

退職代行でトラブルに巻き込まれたくない人

すべてのリスクを想定して退職するなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。ただし、弁護士のサービスは5万円を超えることが多いため、労働組合と比べると2倍ちかくの費用になります。
なべけん
なべけん

今すぐに退職をしたい人

いずれのサービスも24時間365日対応していますが、中でも「退職代行ガーディアン」対応スピードが早い口コミが多いためおすすめですよ
なべけん
なべけん

退職代行やばい?嘘の3つの理由(派遣もOK)

退職代行やばいは嘘の理由

  • 退職する権利は誰にでもある
  • 退職代行は退職手続きのサポートだけ
  • 転職先にバレることはない

退職する権利は誰にでもある

「職場の人手が足りていない」や「後任がまだ決まっていない」などを考えると辞められてないのではと不安になりますよね。

「民法627条1項」にこのよう期間を定めなかったときは、いつでも解約ができると記載されています。

手段を問わず退職をできるということをきちんと認識しておきましょう。

退職代行は退職手続きのサポートだけ

退職代行を使うと、自分ではなく第三者が退職の手続きをするため、違法ではないかと不安になりますよね。

実は、退職代行はあくまでも働く人が持っている退職する権利を代理で伝えているだけなのです。

あくまでも権利主張をしているだけで、退職代行の利用は違法にはなりませんよ。

退職代行に対してマイナスイメージを持っていて不安な人は、違法性はないため安心してくださいね。

転職先にバレることはない

退職代行を利用すると、転職先にバレてしまうのではないかと不安になる人もいると思います。

退職代行の利用は、社会保険などの手続きに残るものではないので、本人が伝えない限りバレることはありませんよ。

前職の職場の人も、個人情報保護の観点から情報を流出することはできません。

職歴や経歴に傷をつけることなく利用することができますね。

退職代行よりやばい3つの辞め方

注意ポイント

  • 連絡をせずにバックレをする
  • LINEやメールで一方的に退職を伝える
  • 親に連絡をしてもらい退職する

連絡をせずにバックレをする

黙って会社に行かなくなるバックレは、会社側も辞めたかどうかの判断がつかないため迷惑がかかります。

退職代行は本人に代わり会社に辞める連絡をしてくれるので、連絡をしないバックレの方がやばい辞め方になります。

貸与物を返さないと損害賠償を請求される恐れがあります。会社だけではなく自分も被害を受ける可能性があるため、辞めるときはバックレは避けましょう。

LINEやメールで一方的に退職を伝える

LINEやメールでは直接伝えたり退職届けを出すよりも軽く見られ相手に退職が伝わらないことがあります。

退職代行なら間違いなく会社に退職を伝えてくれるので、LINEやメールのほうがやばい辞め方になります。

伝える相手によっては非常識だと捉えられ、LINEやメールを確認していないと退職を拒否されることもあります。

辞めるときに会社と揉めるのは嫌ですよね。

退職がスムーズに進まずトラブルに発展する可能性もあるため、LINEやメールで一方的に退職を伝えることは避けましょう。

親に連絡をしてもらい退職する

親に連絡してもらっても、会社に呼び出され自分で退職を伝えなければならなくなることがあります。

会社側からすると、本人が退職したいと思っているのか、親が勝手に退職を申し出ているのかが分からないからです。

トラブルを避けるためにも会社は本人に確認することになります。

親に伝えてもらうことは非常識だと捉えられることもあり、親に伝えてもらったあとに自分で退職を伝えることは気まずいですよね。

退職するときはトラブルを避けるためにも、親に頼るより退職代行にお願いしましょう。

退職代行を使わないと将来やばい人の特徴5選

退職代行おすすめの人の特徴

  • 辞めさせてもらいない人
  • ストレスが溜まって精神的にきつい人
  • ハラスメントに悩んでいる人
  • 仕事を続けることが目的になってる人
  • 過去にも辞めたいと思ったことがある人

辞めさせてもらいない人

様々な理由で退職を伝えても会社から辞めさせてもらえないことがあります。

  • 会社が常に人手不足である
  • 仕事が忙しい時期である
  • 後任が見つかるまで仕事を頼まれる
  • 離職率が上がるのを防ぎたい

しかし、民法第627条により、会社側は不当に退職を断ることはできません。

辞めることを伝えても受け入れてもらえず、仕方なく無理に仕事を続ける必要はありません。

退職のプロである退職代行に頼り、スムーズに会社を辞めましょう。

ストレスが溜まって精神的にきつい人

自分に限界が来る前に退職代行を使って仕事を辞めましょう。

精神を壊してしまうと、金銭面では負担してくれるかも知れませんが会社に精神を治してもらうことはできません。

大事なのは仕事よりも自分の人生です。

精神的にきついときは、無理せず退職代行を使い仕事を辞めましょう。

ハラスメントに悩んでいる人

ハラスメントが横行しているときは、退職を伝えると辞めるまでの間にハラスメントが更にひどくなる恐れがあります。

ハラスメントに我慢してまで仕事を続ける必要はありません。

また、民法628条によりハラスメントは即日退職が可能です。

退職代行に相談し、早めに退職してしまいましょう。

仕事を続けることが目的になってる人

このように考えているが今の仕事を続けることを目的としている人は早めに辞めたほうがいいです。

  • 仕事内容にやりがいがない
  • 他の職業に興味がある
  • 違う分野のスキルを身につけたい
  • 楽しく働きたい

いざ辞めようとなったときに、年齢が原因で転職が難しくなってしまうからです。特に今とは違う職種に行くことは難しいです。

自分のやりたいことに目を向け将来的に続けられる仕事をするためにも、退職代行を使い転職を考えましょう。

過去にも辞めたいと思ったことがある人

過去に辞めたいと思ったことがある人は、仕事を続けていたら何回も辞めたいと思うときがあります。

  • 退職を言い出すことが気まずい
  • 転職できるか心配がある
  • キャリアを再び積み重ねることに不安がある

様々な理由で退職に踏み出しにくくなることがあります。しかし、仕事を続けていくと、年齢を重ねると同時に仕事への不満も重ねていくことになります。

ついに仕事を辞めると決めたときには、年齢を理由に転職し辛くなってしまいます。そのときに早く仕事を辞めて転職しておけば良かったと後悔することになります。

仕事を辞められなくなる前に、退職代行を使い仕事を辞めましょう。

退職代行のやばい業者を選ばない3つの注意点

注意ポイント

  • 10,000円などの格安業社は選ばない
  • 口コミ・実績が豊富な退職代行を選ぶ
  • サービスが充実している退職代行を選ぶ

10,000円などの格安業社は選ばない

格安業者にはこのような恐れがあります。

  • 追加料金でぼったくられる
  • 弁護士の資格を持っていない、労働者組合ではないなどで違法で行っている
  • 顧客対応が雑

退職代行業者を選ぶときは、価格ではなく口コミや実績などを参考に選びましょう。

もちろん全ての格安業者がきちんとしていないことはないので、格安業者を使うときはきちんと調べましょう。

口コミ・実績が豊富な退職代行を選ぶ

口コミや実績は退職代行業者ではなく利用した第三者の評価であるため、信頼することができます。

日が浅い代行業者なら口コミや実績がなくても仕方がないです。しかし、何年も退職代行を行っている業者なら口コミや実績がないと信頼できません。

口コミや実績が豊富だと退職の手続きをたくさんこなしているということなので、様々な状況に対応してきたと言えます。ですので、より安心して退職することができます。

不要なトラブルを避け退職できるのは嬉しいですよね。

退職をスムーズに行うためにも、信頼できる退職代行を選びましょう。

サービスが充実している退職代行を選ぶ

退職代行業者にはたくさんのサービスがあります。

また、退職代行業者ごとにサービス内容は異なります。

  • 即日退職
  • 有休消化交渉
  • 残業代・退職金請求
  • 相談は24時間対応
  • 引っ越し
  • 失業保険の申請サポート
  • 転職支援
  • 後払い
  • 退職できなかった場合は全額返金

退職できればどこの業者でも良いと考えているかもしれません。

しかし、退職してから困ることになるので、あらかじめサービスが充実している退職代行業者を選びましょう。

退職したあとの引っ越しや転職支援などのアフターサービスを行っている業者もあります。

自分のためになるので、退職代行を頼むときは業者についてしっかり調べましょう。

【Q&A】退職代行やばいと不安な人のよくある質問

よくある質問

  • 上司や会社から連絡は来ないですか?
  • 退職代行を使っても有給休暇の消化はできますか?
  • 家族や友人に退職代行を使ったことはバレないですか?
  • 退職代行は派遣社員も使えますか?

上司や会社から連絡は来ないですか?

残念ながら、上司や会社から連絡が来ることがあります。

しかし、連絡が来ても無視して問題ありません。

退職代行利用するときに、あらかじめ上司や会社に連絡をしてほしくないことを伝えておきましょう。

連絡が来たら退職代行業者に伝え、再度連絡しないように会社に伝えてもらってください。

また、貸与品の返却などで会社に連絡を取らなければならないときは、退職代行を通じて連絡をしてもらいましょう。

退職代行を使っても有給休暇の消化はできますか?

全ての退職代行業者で有給休暇の消化の交渉が行えるわけではありません。

有給休暇の消化をしたければ、弁護士か労働組合が行っている退職代行業者を選んでください。

それ以外の業者ですと、有給休暇の取得交渉は違法となるため行えないからです。

民法627条により、退職を申し出てから2週間で退職をすることができます。

有給休暇をうまく使うことにより出社せずとも退職することができます。

退職代行業者を選ぶときに有給休暇の取得交渉ができるか確認しましょう。

家族や友人に退職代行を使ったことはバレないですか?

家族や友人に退職代行を使ったことは基本的にはバレません。

しかし、気をつけなければバレる可能性があります。

退職代行を使ったことがバレる原因はいくつかあります。

  • 会社側が家族に連絡してしまう
  • 会社側に緊急の連絡があり本人に連絡がつかないので家族に連絡してしまう
  • 退職手続きに関する書類が実家に届く
  • 職場内で退職代行を使って辞めたことが漏れてしまう

バレないようにするためには、事前に対策するしかありません。

  • 連絡するときは必ず退職代行業者を通してもらう
  • 郵送の手続きを実家にしないでおく
  • 退職代行業者から会社に退職代行業者を利用したことを誰にも漏らさないように伝えてもらう

もちろん、退職代行業者から家族に連絡が直接行くことはありません。

会社からの連絡や郵送物に気をつけましょう。

退職代行は派遣社員も使えますか?

派遣社員でも利用できますし、すでに利用している人も多数いますよ。

派遣社員が退職代行を使うときには【派遣社員の退職代行を使う注意点】をチェックしましょう。

【まとめ】退職代行やばいは嘘・おすすめランキング(派遣もOK)

まとめ

  • 退職代行は運営母体によって責任範囲が異なる
  • 弁護士は安心だが高額なのでおすすめではない
  • 一般企業はサポートが充実していないことも多く避けるべき
  • 労働組合運営サービスは一般退職には適切である
  • この記事を書いた人
なべけん

なべけん

【キャリアコンサルタント】新卒でスタッフサービスへ入社し、人材コーディネーターを担当。1,231名以上の就業機会を創出し、就業決定数・生産性ユニット年間MVPを受賞。現在はフリーランス独立し、112名以上のキャリア支援実績あり。【資格】国家資格キャリアコンサルタント(登録番号19005362)

-派遣社員とは